幼児教室くれよん、お忘れ会

comments(0) - ウクレレ 旅料理人 みかん
今月は

ちょこっと忙しい
おいしいウクレレ隊







今年も
お絵かき教室アトリエここからさんより


幼児教室くれよんさんの
お忘れ会に、出動以来をいただきました。











ちっちゃいお子ちゃんたちは
反応が楽しいですね◎





ありがとうございました〜〜






★おまけ 1






ご近所の
尼ケ坂サロンで贅沢カレーランチ。

ボリュームすご!


カレーは辛味が効いてるけど
思ったよりサラっとしたかんじでした。

パスタも美味しそ〜




★おまけ 2



ぱんみみ
レギュラー食パン。

キメが細かくてしっとり、耳まで柔らか。




マフィンも美味しかった◎





★おまけ 3




久しぶりの
クラブハリエのバームクーヘン


は〜〜
やっぱ美味しい◎

十津川村

comments(0) - 旅レポート 旅料理人 みかん
週末、
十津川村へ。



ゴールが遠ければ遠いほど
予定外の寄り道スポットがたのしい。






たまたま見つけた看板に吸い込まれ、
尾鷲 さかな市場 「おとと」へ。

新鮮ネタの握り寿司や
丼ものが美味しそうだった。








お昼休憩に、

七里御浜
未完べんとう。


21世紀に残したい日本の自然百選の一つ、らしい。






砂利浜には
大根の花と大根の残骸がいっぱい。

種が飛んできたのかなー。





奥にみえてたのが、
どうやら鬼ヶ城。









キレーな川や




細い滝や




山々、





そして





丸山千枚田







青々とした季節は
もっとキレーみたいです。






近くの道の駅で、

こちらの米を使った濁り酒、
「熊野のなめらかどぶろく千枚田」
を発見!

もろみをミキサーで細かく砕かれており、滑らかな口当たり。
かなりシャープな辛口濁酒でした。




足湯休憩を超えたら





目指していた

谷瀬の吊り橋に到着〜













ギシギシ音のする
スリル満点の絶景吊り橋。








来た甲斐あったね〜〜


ステキな橋だった。






すっかり冷えた身体を
十津川温泉で温め。

硫黄の香りのする
熱々の源泉。


熱々すぎて、
水を加えて温度を調節しながら入るのがポイントです。








帰り道、

津餃子と松坂牛コロッケ、
伊勢カレーうどんで〆。





伊勢カレーうどんは、
下に伊勢うどんのタレが隠れていて
混ぜながら食べるのがたぶん正解。


半分食べたあたりで
下に溜まったタレの存在に気づいたので
後半濃くなってしまったけど

伊勢うどんの麺はハマりそう。
美味しかったー◎




ほとんど
熊野旅のようだったけど
無事辿りつけて、無事帰ってこれて
よかったね。






思いがけない立ち寄りスポットが
いっぱいでした。





世間は狭いが
日本は広い。




まだまだ
知らないステキな土地は、たくさんたくさん。

知らない美味しい味も、たくさんたくさん。






また旅にいこう。



ありまつ

comments(0) - 日々のあれこれ 旅料理人 みかん
有松へ。













有松の町並みでは

「福よせ雛」たちがお出迎え。







作品名
「修羅場」、、笑






そして、


ゲストハウスMADO では
MADOマルシェ


たのしいおいしいがいっぱい。






無農薬もち米のつきたて餅。

なぜか
箸がチャリ弁。
(居ないのに)






MADOの
若きヘルパーくん(イケメン)の

惣菜パン。








Backs yardさんのキッチンカーが
素晴らしい進化を遂げていて、

なんと
超焼きたてのマフィン!
(奥で焼かれてる!)

外カリ、中フワ
熱々チーズがトロリ。


うまーー◎




これぞ「キッチンカー」!

こんなんあったら
もう家いらんね。



安定のコバレレコーヒー








出来たてポン菓子





アコーディオン×ちんどん




DJピーチ




つむぎて杉山氏の
キャベツ。


ぎゅーっと詰まっていて、


赤キャベツみたいな
しっかりした葉。




久しぶりの「雑混」
もちろんいただきました◎






今年の搾りたても
たのしみにしています。




ごちそうさまでした〜〜





★おまけ



ラーメンが食べたい胃袋の中を

メニューの無いBARの
フェットチーネで満たす。



エスニックなハーブの効いた
ビーフとトマトのソース。


うま〜〜

何が出てきても美味いという噂は
本当らしい。




料理の腕前も、
喋りも知識も達者。




ブラボー!!


卒園お別れコンサート

comments(0) - ウクレレ 旅料理人 みかん
先週。



久しぶりに、
「おいしいウクレレ隊」の出動!


津島の昭和幼稚園へ、
年長さんの卒園お別れコンサートに
ご招待いただきました。




ステージは、
なんと舞台上。


緞帳が上がるまで
ドキドキしちゃった。




絵本と手遊びと
唄の30分コース。



ぼくのミックスジュース
今の子も知ってるんですね。


昔好きだったので
うれしい。








平田温泉での練習風景。



週末には
平田温泉で、第2回「和の市」が開催されます。
もちろんウクレレ隊も出動です。

今月は
ちょこっと忙しいけど

本番がないと
なかなか練習する機会もないので
ありがたいです。




たのしもー◎







副園長先生、
お招きいただきありがとうございました。


そして
担任の先生方より、
おそらくお母さん方よりも
歳上であろう私達を

お兄さんお姉さんと呼んでくれた園児たち、ありがとう。


行儀がよく、元気いっぱいの
園児たちでした。






★おまけ


ライブ後、
ちょうど行われていた

りんねしゃ英会話スクール

壁塗りお手伝いに。




うらら隊長曰く
津島のソウルフードであるらしい
つぼや
味噌中華でお昼ゴハン。


味噌ラーメンならぬ、
味噌中華と呼ぶ訳は
食べて納得。




イケメン講師に囲まれて、
英語は日常で使わなくては
身につかないだろうなーというのも
実感したのでした。


I was painting!

おつかれさま

comments(0) - 日々のあれこれ 旅料理人 みかん
酒蔵仕事を終え、
早朝の遠方出勤は大変だったけど
なんだかちょっとさみしい。


あとは
三月末に販売される
菊鷹の「ハミングバード」の販売を待つばかり。









酒蔵出勤最終日の夜、

今月で閉店される、
近所のCAFE&MUSICBAR ALOE で乾杯。


オープンマイクの
賑やかな夜でした。




おつかれさまでした。






こちらは
近所のインド料理屋の跡地に新しく出来ていた、「チャイカフェ」。

チャイはやさしいお味でした。



★おまけ


名駅のセルフ蕎麦屋「よもだそば」の
カレーが美味しいと聞いて
食べに行ってみた。

カレーは
ライスか蕎麦が選べるとのことで
蕎麦にしちゃった。

カレーの味を知るには
やはりライスをチョイスすべきだったなー。

ライスの方が合いそうなカレーだった。



★おまけ 2


ローソンの新商品、
「マチノパン」のカレーパン。


コンビニ商品のすごいとこは
作りたて、熱々、ではない状態で美味しいことを基本に作ってあるとこ。


揚げパンなのに
パン生地が不自然にフンワリしてて美味しいし、
パン粉がザクザク。


コンビニの魔法。

日本酒のお勉強。

comments(0) - 旅料理人 みかん
日本酒のお勉強。












【醸し人九平次 うすにごり 生酒】
( 愛知県 萬乗醸造)

しっかりした米の旨味!
まろやかな甘味。
酸味は穏やかで香りも上品。
とても美味しい〜◎
開けたてはシュワシュワ感もあったようですね。


………………………………………………
7年ぶりとなる醸し人九平次の生酒です。
自社で一から栽培している黒田庄産の山田錦を全量使用した日本酒となります。
ただし、精米歩合・酸度・日本酒度などは非公開です。ですので、スペックではなく、自らの舌と身体で味わい楽しんでいただきたい一本です。

「【甘美な時間(とき)を予告する】
この品は生酒です。
それゆえ、限られた季節の中で輝きを放ち、天地のリズムと共に、まだ瓶の中で息づいております。
自然の摂理と、造り手の静謐な思考から生まれるこのFUSION(融合)は、皆様を、きっと日常から解き放ちます。
そんな生まれたてのSAKEをお楽しみ頂ければ幸いです。」

………………………………………………





















【白老 夢吟香(ゆめぎんが)純米吟醸 生酒 】
(愛知県 澤田酒造)

槽場直汲み、シュワシュワ感が濃い!
スッキリな甘さでキリッとフルーティ。
ゴクゴク飲めちゃいます◎

……………………………………………
「夢吟香(ゆめぎんが)」は愛知県の新酒米。 
あの王者「山田錦」と愛知酒米のベーシックといっていい「若水」を掛け合わせ!
若水が栽培できる環境で山田錦のエッセンスを取り入れた。
若水よりお米が柔らかくて 山田錦と若水の中間のボディ感覚、ミディアムの上。
愛知の酒米「夢吟香」、そのアピールにはもってこいの酒!

ほんのり柑橘を思わせる香りと程よいガス感でフレッシュな口当たり。
ふくよかな甘味・旨味を柑橘系のややシャープな酸味が上手くまとめて、ボディがありつつキリッと引き締まった味わいになっています。
後半は、仄かに苦味を感じながらすっきり切れていきます。
味わいの中にガスが上手く溶け込んでいて心地よく喉を滑り落ちます。
バランスよし、キレよし、飲み飽きせず、グビグビ飲めるお酒です。
もちろん食中酒としてもバッチリ!!

アルコール度数 16度〜17度
原料米 知多半島常滑産 夢吟香
精米歩合 55%
日本酒度+5
酸度2.1
アミノ酸度1.2
知多湧水

………………………………………………





















【長珍 「ささにごり生」 純米八反錦60】
(愛知県 津島市 長珍酒造)

濃厚なのにキリッとして飲みやすい!
美味しい◎

………………………………………………
「ささにごり(小濁り/細濁り)」の名前通り、わずかに濁る純米生酒。
搾ったそのままの味を伝えるため濾過・割水・火入れなど全く手をくわえないで一本ずつタンクより直汲みで蔵出しした純米うすにごり酒。
日本酒度+8.5と辛口ながら、溢れ出る米の濃厚な旨みが 甘く感じれるくらいの味わいとキレのある酸がシャープに切れる。
後半には八反錦らしい爽やかな苦味とキレのある酸が広がり、
後味はシャープに切れる、濃醇かつ爽快な味わいに仕上がっています。

『長珍』らしい、お米の旨味がたっぷりと詰まった味わいをお楽しみください。

・使用米 八反錦(広島産) 60%精米
・アルコール分 18度
・日本酒度 +9
・酸度/アミノ酸度 2.1
・おすすめの飲み方 冷酒

………………………………………………

















【みむろ杉 華きゅん 純米吟醸 生 おりがらみ 】
(奈良県 今西酒造)


フレッシュで爽やか、 やさしい甘味。
華やかな旨酒◎

美味しいです。

………………………………………………
香りはフレッシュでラムネのような吟醸香。
軽快さの中に程良くボディ感があり、飲み口の良さだけでなく雄町米ならではの甘味とコクをしっかりと残した味わいの純米吟醸おりがらみです。

・特定名称 純米吟醸
・使用米 雄町50%精米
・アルコール分 15度

……………………………………………


今週のお届け惣菜

comments(0) - みかん弁当 旅料理人 みかん
◎今週のお届けオツマミセット




・根菜の煮物
・さつまいもとりんごのヨーグルトサラダ
・極太牛蒡のトマト味噌煮
・ほうれん草とササミのタルタルサラダ
・蛋餅(タンビン)
・麹納豆
・ワカメとナメコの酢の物
・焼きネギのネギ味噌かけ
・甘夏ピール








◎今週のお届け惣菜


・根菜の煮物
・さつまいもとりんごのヨーグルトサラダ
・極太牛蒡のトマト味噌煮
・ほうれん草とササミのタルタルサラダ
・チキンカレー
・切り干しとワカメの酢の物
・甘夏ピール






でした。










稲沢の
植木センターで梅の花見。


















いろんな種類の梅の木があって
一本一本、それぞれに名前がついている。

白鷹、 通い小町、 五節の舞、 大盃、 金獅子、 都錦、、
なんだか日本酒の名前みたい。

ワインの名前みたいな植木もあった。

「伊豆の踊り子」とか
「青の七五三」なんて名前の木もあって、

いったいどういうイメージでその名をつけたのか興味深い。






暖かいから
もーじき桜も咲くんだろうな。



桜は木全体を、
梅は一輪一輪を鑑賞するという。







★おまけ




グルマンの
豊くりーむあんぱん。

おいしいけど、
「あんぱん」というより「クリームパン」なので

Wくりーむぱんの方が良かったかな〜

おちょぼさん

comments(0) - 日々のあれこれ 旅料理人 みかん


他人任せの確定申告を終え、

おちょぼさんへ。









玉屋の串カツ。



串カツ食べると
どうしても口が味噌味を欲してしまい、






今回も
お昼はどて丼。



美味しいんだけど、
汁だくで濃い。

このへんのどて丼には
卵をのせないのかしら?







入口付近の八百屋に
ズラっとならぶ野菜箱

の、奥に



ん??



あら

箱入り娘、、


この子もお買い得品ですか?と聞いたら
「招き猫だから絶対売れません」って。笑





呼んでも叩いても揺さぶっても
全く起きない。


ツワモノ。


結局
お顔を拝ませてはいただけませんでした。




今年は

縁起熊手ではなく
ちりとりにしてみました。



搔き集めるより、
すくい取る方が
なんだかラクそうなので。











昨夜のワインのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
というわけで、
昨夜呑んだワインのお勉強。

















【Kenzo Estate 清 sei 2015】
(カリフォルニア)


ケンゾー エステイトからリリースされた、8番目のワイン「清 sei」。
ソーヴィニヨン・ブランを用い、シャンパーニュ製法に基づいてつくられた、ケンゾー エステイト初のスパークリングワインだそうです。

スッキリしてて華やかで、
美しい泡と華やかな香り◎


……………………………………………

外 観:薄い藁のようなイエロー
香 り:鮮やかに花開く南国的な香り。
バニラ香やライチ、モモなど核果類の香りが広がります。
味わい:シャープな切れ味を持ちながらも、なめらかで繊細なまろみを帯びた味わい。思わず口からこぼれ出してしまいそうなほどの瑞々しさを感じます。
生産地:カリフォルニア州ナパ・ヴァレー
醸造家:Marc Nanes(マーク・ネインズ)
栽培家:David Abreu(デイビッド・アブリュー)
セパージュ:ソーヴィニヨン・ブラン
94.5%、セミヨン5.5%
アルコール度数:12.8%

…………………………………………













【ジヴリ・ブラン レ・プレフェール・デュ・アンリ4世 [2012] 
ルモワスネ Remoisenet Givry Blanc 】
(ブルゴーニュ)


ゴールドみたいな濃いめのイエロー。
樽の香りと、ハチミツみたいなブランデーみたいな山廃の日本酒みたいな、しっかりめの香り。
きれいな酸で飲みやすく、これとても好みのタイプでした◎


………………………………………………

赤で名声を上げているシャロネーズ地区の産地で、白の生産量は20%程の希少品。
オレンジやリンゴなどの新鮮な柑橘や花を思わせる風味があり、味わいはビシッと筋が通っています。

ブドウ品種 シャルドネ100%
生産者 ルモワスネ
産地 フランス・ブルゴーニュ / コート・シャロネーズ / ジブリ
原産地呼称 ジブリ

………………………………………………
















【サヴィニー レ ボーヌ プルミエ クリュ ラヴィエール 2015 ブシャール P&F [赤]
Savigny-Les-Beaune 1er Cru Lavieres Bouchard Pere & Fils】
(ブルゴーニュ)


ブルゴーニュのピノらしい、
華やかな香りと
リッチで上品な味わいでした。

美味しい◎◎

……………………………………………
【商品情報】
サヴィニー・レ・ボーヌ<レ ラヴィエール>はペルナン・ヴェルジュレス側に接する位置にある、傾斜が緩やかで広い面積の1級畑です。
ワインは独特の「土のニュアンス」が豊かで、香りにも味わいにもこの要素を感じます。ブルゴーニュ通の興味をそそる味わいで、長期熟成も可能です。

【ワイナリー】
ブシャール P&F・・・
創業1731年。コートドール中心に約130haの畑を所有する最大級のドメーヌ。1995年にアンリオ家が経営を引継ぎ、最新施設でワイン造りを行う。2015年環境に配慮した農法レベル3の認証を受けました。

【品種】ピノ・ノワール
【産地】フランス・ブルゴーニュ・コート ド ボーヌ・サヴィニ レ ボーヌ
【カテゴリ】サヴィニ レ ボーヌ
【味わい】辛口
【ボディ】重口

………………………………………………

カルチェラタン

comments(0) - 旅料理人 みかん


酒の仕込みは終わり、
蔵の中は、絞られるのを待つ酒ばかり。

あっっという間の一か月。







多めに仕込んだ米麹を
分けていただきました。


今年の味噌は米味噌かなー






麹をつくるときのモヤシくん。


振ってるときに、鼻で息吸い込むと
鼻クソが緑色になるそうです。


まだその経験はなし。笑








さて


昨夜は
カルチェラタン へ。


昨年受験したワイン検定 シルバークラス の合格お祝い会をと、
講師の小池さんが企画して下さったのでした。








がっつり酔っ払って帰りの記憶は全くないけど、
ワインの味と香りはしっかり覚えてます。








講師が持ち込んで下さった
ソービニョンブランのスパークリング、







ブランデーみたいな香りの
ブルゴーニュのシャルドネ、








リッチで華やかなブルゴーニュのピノ。


どれも好みで
とても美味しくいただきました。







ワインを選んでサーブして下さった
スタッフの伊藤さんは、
日本ソムリエ協会 シニアソムリエ 執行役員 愛知支部長なのだそう。


手の動きとかグラスを扱う動作が美しすぎて
見惚れてしまった。






おいしくたのしく飲みながら
いろんなお話も聞かせていただき、

たいへん貴重な時間でありました。


ごちそうさまでした。
ありがとうございました◎






もう三月かー。


早くもう一歩前に進みたいのだけど、
なんだかそんな余裕がない。
とりあえず始めてみたことに
時間と気持ちを取られてしまっている。

進む前に、まずは一つずつ
終わらせていくことを考えねばと思う。

跡を濁さない終わり方を。






やりたいことより
できることを、、か。
無料ブログ作成サービス JUGEM