お知らせ!

comments(0) - 未完カレースケジュール&お知らせ 旅料理人 みかん
★お知らせ その1




毎週金曜日に
三ツ川食堂さんにて販売させていただいている
「未完べんとう」の空想旅ごはん。


7月いっぱいまでの販売とさせていただくことになりました。

短い間でしたが、
たくさんの方々に美味しく食べていただけて、
三ツ川食堂さんという素敵な場所で販売されていただけて
本当に嬉しいです◎

ありがとうございました!


のこりあと
20日、27日の二回の販売となります。


よろしくお願い致します。





三ツ川食堂
https://www.facebook.com/mitsukawasyokudo/







★お知らせ その2>


毎週第4木曜日は

未完カレー@ちゃこ
の日になりつつあります◎



7月26日の木曜日、
8月23日の木曜日も

川名のワインバー
「ワインとおつまみ ちゃこ」にて
未完カレーがお待ちしております。

いずれも 20時〜23時半。


昭和区花見町1-19-1
「ワインとおつまみ ちゃこ」



★お知らせ その3



今年も、
ウクレレの夏がやってきました!


たくさんのウクレレ仲間が集う
コバレレ珈琲主催の「ウクレレはいいね 2018」、

またまた美浜のビーチ
奥田海水浴場で開催されます。


今年は
「ひろみゆき」で出演させていただきます◎


練習しなくちゃ!

今週の

comments(0) - みかん弁当 旅料理人 みかん
今週の未完べんとう
@三ツ川食堂




今週はベトナムでした。

・焼き鯖のベトナムごはん
(ナンプラーと自家製梅酢の
ナマス風ドレッシングをかけて。
恵那産有機米使用)
・卵とモヤシの炒めもの
(産みたて無薬卵)
・カボチャのシナモンココナッツミルク煮


さっぱりヘルシーな
南国ごはんです。






こちらは
今週のお届けオツマミセット

・とろろ焼き ニラ醤油
・焼き鯖、
焼きピーマンのエスニックマリネ
(完熟クラタペッパー)

・大根のカレー
・ジャガイモのヨーグルトサラダ


でした。











さて

お誘いいただいて
「ギャラリーEnne.」へ

久しぶりにウクレレ隊出動予定です。

https://enne-n.com/



夏の夜の唄、
お酒に合う唄、
なにがいいかしらねー◎

なんて言ってる時間は
あんまりないな。

今週のお届け惣菜と日本酒

comments(0) - 旅料理人 みかん
自分を大切にしている人は、
日々の小さな幸せを大事にしている人だなとおもう。

あたしは欲張りなんだなー。



当たり前を幸せとおもうのに
当たり前でなくなってから気づく。

大切なことはいつも
なくしてから気づく。



照れてる場合でも
遠慮している場合でもないね。

きっとそんなに時間はないし
そのタイミングも待ってはくれない。

心の反射神経が必要だとおもう
今日このごろ。







こちら
今週のお届け惣菜

・天然ブリの煮付け
・稚鮎のエスカベッシュ
・切り干しの胡麻和え
・無農薬夏野菜のそぼろ甘酢ラタトゥイユ
・大根カレー
・大葉味噌の大葉巻き



でした。




さて、
先日の大須呑み食べ歩きにて

日本酒処「またたび」でいただいた
日本酒メモ。






夏の日本酒、三種呑みくらべ。
まずは右から。


夏限定販売
【たかちよ seven 無調整生原酒 おりがらみ本生】
高千代酒造 新潟県南魚沼市



このひらがなの「豊醇無蓋」シリーズは、
酸度やアミノ酸度、原料米、
日本酒度などの 「固定概念に縛られることなく、
自由に味わおう」に重きをおいたシリーズ。
そのため、原料などはすべて非公開となっています。

新潟の淡麗辛口のイメージを覆すよな
ジューシー甘口な豊醇酒。

毎回、さまざまな果物をイメージした豊潤酒が仕上がるそうですが、
今回は熟したメロンのイメージ。
ラベルもメロン色。


たしかに、
細かい泡が口の中で弾ける微発泡、
青々しさとみずみずしさと、
さっぱりと豊潤な甘さと香り。

まさしく、
大人のメロンソーダ!
これ、とってもおいしい◎


………………………………………………


「たかちよ」は・・・
最初にジュシーな果物をイメージ。
そこにいかに近づけていけるか。←そこで勝負!

そのために麹の造り方、
モロミ経過、そしてもちろん
酵母の選定とそのブレンド具合(単体のものあれば、2〜3種ブレンドするものあり、配合具合もいろいろあるそうです。)まで
いろいろなことで、
狙った果物に近づける!

今回、夏までしっかりと氷点貯蔵で寝かせたことにより、
大変バランスの素晴らしいメロンソーダになりました。


アルコール度数 16度
新潟県南魚沼市 高千代酒造


………………………………………………


高千代酒造は、全国では珍しく
「一本〆」というお米を使用して酒造りをしている蔵としても知られています。

「一本〆」は「五百万石」を母に、「豊盃」を父とし、
人口交配して育成された固定種。
平成5年から新潟県で開発され、
平成17年に県から源原種を移譲された、
高千代酒造で管理している酒造好適米なのだそう。

「一本〆」は
「五百万石」に代表される淡麗辛口な味わいとは違い、
米の旨味がでるお酒に仕上がるそうです。
しかし、扱いが非常に難しいため
今では高千代酒造さんでのみ使用されています。









お次は真ん中。


【羽水 特別純米 夏酒】
栃木県 株式会社せんきん


甘味と酸味のバランスに優れた
大人気銘柄「仙禽(せんきん)」を醸す
株式会社せんきんがリリースした、
新しいブランド「羽水 うすい」の 新たな季節商品。


まるでりんごジュースみたいな
フレッシュでジューシーなお酒!

夏にゴクゴク行けちゃいそう。
これもても好き◎

………………………………………………

限定流通酒「羽水」ブランド 立ち上げから1年。
杜氏である「薄井真人」氏が
酒質設計からすべて携わる魂のお酒が、
第二ステージに突入!
麹の甘みと酵母の酸味を両立した
果汁感抜群の瑞々しい夏酒。

おすすめ温度帯は10℃ですが、
暑い夏の日はキンキンに冷やしても良し、
またロックで飲むのも良し!


酒度 -2
原料米 麹…山田錦
掛…ひとごこち
状態 火入れ
アルコール 15.5度


…………………………………………






最後は左の
【山川光男 2018 なつ】

山形県天童市 株式会社水戸部酒造(山形正宗)


山形県の
「山形正宗」「楯野川」「東光」「羽陽男山」の四蔵元が結成した、
志ある酒蔵ユニットから生まれたキャラクター「山川光男」 。

各銘柄の一文字ずつをとって名付けられ、
その名を冠した酒を四蔵元が順番に製造・販売されています。

山川光男、第8弾「山川光男2018なつ」は、
山形正宗からの「爽やかな吟醸香と繊細な味わいの純米吟醸酒」。
他の二酒と比べると、 非常にキレがよくスッキリした酸味。

好みの二酒を先に呑んでしまったので、
こちらはわたしにとっては
あんまり印象に残らないかんじのお酒だったかなー。



………………………………………………
「山川光男」第8弾は、
初の山形県産酒造好適米「雪女神」で醸した純米吟醸。
「雪女神」の繊細な味わいと、 山形正宗らしい酒本来の力強さと キレのよさが楽しめるお酒です。




原料米:山形県産酒造好適米100%(雪女神100%)
精米歩合:60%
アルコール分:16度


………………………………………………

山形県が開発した酒造好適米「雪女神」は、
大吟醸用に開発された酒造米の為、
原料米表示には
精米歩合50%以下のみ「雪女神」表示するとの県の自主規制があり
「山川光男 2018なつ」は 精米歩合60%の為、
商品には「雪女神」の表示はありません。






酒と唄

comments(0) - 旅料理人 みかん
おいしいお酒、メモ。






【Nature Vivante Rouge 2016
ナチュール ヴィヴァン ルージュ】


南仏の自然派ワイン。

しっかりしたボディながらも
みずみずしい軽さが感じられて、
酸もほどよくまろやかで飲みやすい。

おいしい!

ラベルのイラストも素敵です。

………………………………………………
「海、太陽、動物、そして私たち、
自然があるべき姿であるために」という思いで、
南仏産の無農薬ブドウ100%で造る「生き生きとした自然」という名のワインです。

照りのある赤紫、控えめながらスグリや野生カシスの香りが顔を覗かせます。
程良いタンニンと酸がうまく融合した
フレッシュさを感じる柔らかな飲み心地です。

トロピカルなエチケットは
カウアイ島のビーチを描いたもの。


赤/ミディアムボディ/辛口
栽培:ラングドック ビオロジック
生産者:モーレル・ヴドー
品種:カベルネソーヴィニヨン60% メルロー40%

………………………………









【ローヤルサルート 21年 (シーバスリーガル)】 ブレンデッドスコッチウイスキー


ローヤルサルートは、1953年 現英国女王エリザベス2世の戴冠式を記念して造られた
最高級クラスのスコッチウイスキー。

単にシーバスリーガルの21年熟成という訳ではなく、
このためにブレンダされた特別なウイスキーだそう。

酒場で向かい合わせた酒好きの御方が
飲ませてくださった、
一期一会の貴重なお酒!

40年近く寝かされたものなのだそうで、
コルク栓が綺麗に抜けず。

開いた時、
広がる香りと期待に
思わずみんなで拍手!


シェリー酒のような、
蜂蜜のような甘みと香り、
期待通りの
なんとも贅沢な深い味わいでした。

チョコレートとか合いそう。


ごちそうさまでした!

………………………………………………
《香り》
甘いグーズベリー(スグリ)と新鮮な洋ナシの贅沢な香りが、
ヘーゼルナッツとラベンダーのスパイシーな風味に溶け込まれた複雑な香り。

《味わい》
オーク樽の燻香が、力強い花の芳香と口いっぱいに広がる
ベルベットのようにクリーミーな味わいを一層引き立てる。

《フィニッシュ》
まろやかでスムースなフィニッシュ。

原産国 イギリス
度数 40%
原材料 モルト、グレーン
メーカー ペルノリカール
種類 ブレンデッド

……………………………………………










さて、





ウクレレ弾きの
広島男子「カワちゃん」こと
「唄うたいカワムラ」さんが

ツアー中で名古屋に来ていて、
平田温泉でひとっ風呂浴びてから
ライブがあるとの情報。



唄うたいカワムラ
http://kawa-chan.com



「bar perapera」での単独投げ銭ライブには間に合わなかったけど

せっかくだからと
隣に座って二曲ほど奏でてくださり、




昨夜は、「bar Strega」にて

その時お誘い頂いた
カワちゃん率いる「ぱんぱかトリオ」のライブショー!



おいしいウクレレ隊メンバーで
観に行ってきました◎





めっちゃ素敵!


音も歌も選曲もパフォーマンスも
素晴らしくて
とても楽しかった!







でもって

この日は
「ひろみゆき」の相棒、ひろゆきくんのバースデー。

BIGプリンが上手く焼けててよかったよかった◎


スイーツは苦手なので
商品としては作れませんが
贈り物として作るのは好きです。






「明日晴れたら海へ行こうじゃないか」という曲がとてもよくて
あたまにずっと残っている。

https://youtu.be/ETo0-MjpeJM



楽しい時間をありがとうございました◎

日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん

最近呑んだ
おいしい日本酒、いろいろメモ。








【作 槐山一滴水 愛山 純米大吟醸】



世界一おいしい日本酒を決める、
世界最大の日本酒コンペティション
「SAKE COMPETITION 2017」にて

純米酒部門第1位、第2位を独占した「作 ざく 」、
醸造元・三重県 清水清三郎商店の
プレミアムシリーズ「槐山一滴水 (かいざんいってきすい)」。


プレミアムシリーズは、
清水清三郎商店のお酒全体の中でも
約3%ほどしか製品化されていないのだそう。

こちらは
そのプレミアムシリーズより、
兵庫県産愛山米で醸した純米大吟醸酒。


甘くてフルーティでスッキリ! これ、とても好きでした。

おいしいーー◎


………………………………………

兵庫愛山を45%まで削り、
低温でじっくりと醸した内山杜氏の傑作。

愛山特有の、芳醇で円やかなコクと甘みに加え、
透明感のある穏やかな味わいが魅力のプレミアムな純米大吟醸です。


「一滴水」とは
山川草木すべての存在は互いが時節因縁のもと世界や森羅万象を具現し、
従って一滴の水にも仏の命の宿るという教えです。

気高い理想のお酒を追い求めることは、
帰結として毎日の行いの積み重ねである
という思いが込められています。

古来より尊貴の木と言われてきた槐(えんじゅ)のごとく、
気高く上品な味わいと
心地良い余韻を持つ純米大吟醸です。


・特定名称:純米大吟醸酒
・精米歩合:45%
・原料米:兵庫産愛山100%
・アルコール度数:16度



………………………………………………

他に、
雄町や山田錦を使ったものもあるそう。

飲み比べてみたいなあ。











【来福 純米大吟醸 朝日】
茨城県 明福酒造


花酵母で有名な来福さんの
お祝いラベルの純米大吟醸。

大吟醸ながら
旨味も残しつつほどよい酸味。
これは日本酒初心者にオススメな気がする!
飲むと福が来そう〜◎




……………………………………………
上品で華やかな香り
口に含むと綺麗な甘味と
ジューシーな酸が広がり
旨味、酸味が絶妙なバランスで 絡み合います。

まとまりのある艶やかな味わいは
クセのなってしまいます。

まさに飲んで笑みがこぼれてしまう
福を呼んでくれるようなお酒です!



原料米 岡山県朝日
アルコール 16度
精米歩合 50%
…………………………











【二兎 萬歳 純米 磨き六割 火入れ】
愛知県 岡崎 丸石醸造

もう一人の造り手、
「今井さん」責任醸造。



愛知県岡崎の丸石醸造「二兎」の
別ブランド「萬歳(ばんざい)」 、100年前の萬歳米を 自社で復活。

二兎よりも甘味や酸味を抑え気味で
より和のテイストに近づける仕上がり。

印象を程良く残す、
モダンな食中酒です。

純米ならではのまろやかな甘みと旨味も残しつつ、シャープな味わい。

ストーリーも素敵だし、
とてもおいしい!


…………………………………………


「萬歳」は、元来、ごはんとして食べる“食用米”の品種で、
清酒製造に適するか不明なため、
あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センターへ酒米分析を要請しました。  
酒造りに使用する他の原料米「大地の風」、「雄町」と比較したところ、
「萬歳」は、清酒製造に適した“酒造米”の「雄町」に劣らない優れた特性を有することがわかりました。
(丸石醸造より)


原料米 萬歳(ばんざい復活米)
精米歩合 60%
アルコール度数 16度


………………………………………………

「二兎」との酒質の違いは、
造り手が違うこともあります。

丸石醸造さんには
酒造りにリーダシップとれる人が3人もいるそうで、
「二兎」は片部さん、
「徳川家康」は一番のベテランの蔵人(名前は未見)、
そしてこの「萬歳」は
一番若手の今井さんの責任醸造。

それぞれの責任で設計から行い、
他の造り手はその指示に従うシステムなのだそう。

造り手それぞれの心意気の入ったお酒。
面白いですね。











【東光 純米吟醸原酒 】
山形県 小島総本店



慶長2年、つまり400年以上も前から
一貫して「仕事終わりの疲れを癒し、心をほぐす晩酌」をコンセプトに
日本酒を造られている、小島総本店。


山形県産米を100%使用して作ったこちらの純米吟醸原酒は
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014年最高金賞、2015年金賞」という、全国的にも評価の高い山形の日本酒。


日本酒度-4なので
わりと甘みを感じることのできる日本酒となっていますが、 甘ったるさはなく、
後味の良さにも力をいれているため
すっきりと飲むことができます。



まさに東光のコンセプトである「普段飲みの酒」「仕事終わりの一杯」に最適ながら、
他の普段飲みの酒に比べて質が高いという贅沢なお酒です。


是非ワイングラスで飲みたい逸品◎


東北の生牡蠣、牛タンつくね、
いぶりがっこ、イカ刺身、、
何と合わせても美味しくいただけました。

とくに魚介はイイ!


…………………………………………

(商品紹介) 吟醸香、芳醇な味わい、後切れの良さという3つを兼ね備えた純米吟醸原酒。
原酒でありながらも飲みやすい仕上がりで
国内外のコンテストで高評価のお酒です。

手頃な価格で購入できる、ワンランク上の『普段飲みのお酒』としておすすめです。

ウニ・いくら・生ハム・クリームソースパスタ等、
それ自体がしっかりとした味を持った料理と良く合います。


味わい 甘口
度数 16度
おすすめの飲み方: 涼冷え(すずびえ)

………………………………………











【奥の松 夏限定 吟醸原酒 生貯蔵酒】
福島県二本松市 奥の松酒造



こちら、
たまたま向かいに座った日本酒好きさんから、
ちょろっと味見させていただいた逸品。
酒場あるある◎


ほんのり甘く、 爽やかフルーティ!

度数も高いのでしっかりした味わいながら、スッキリいただける、
まさに夏向きのお酒。

キンキンに冷やして飲みたい。


……………………………………………


口当たりのほんのりとした甘さと
後口のほろ苦さを併せ持つ、
飽きのこない夏限定吟醸酒。


よく冷やしてそのままはもちろん、
ロックやライム添え、
そしてフルーツカクテルにもぴったりです。

アルコール度数が高いので
少しずつお召し上がりください。



水齢40年と言われる安達太良山の伏流水、
奥の松伝統の吟醸酵母と国産米を厳選し仕込んだ
ひとクラス上のおいしさが特徴です。

味わいも新技術のパストライザーによる火入れ(瓶詰後殺菌)を行うことにより、
フレッシュな味と香りを封じこめ、 酒質が格段に向上しました。

「夏はロック」で
そんな楽しみ方が出来るのが吟醸原酒(生貯蔵)です。



日本酒度/+2.0
アルコール度/18
酸度/1.3
使用酵母/奥の松酵母
精米歩合/60%


……………………

大須商店街呑み食べ歩き

comments(0) - 日々のあれこれ 旅料理人 みかん



Mちゃんに誘われ

森翼くんの路上ライブを聴きに
浴衣で大須へ。



森 翼 https://www.akatouso.com



高音の綺麗な
かわいい男の子でした。







その後は

大須商店街、
呑み食い食い倒れツアー!



まずは

農家の野菜スイーツ屋「れこると大須」で
豚角煮五平餅と、
トマトのカキ氷。









そして

「東北産直プラザ みちのく屋」で
酒と肴。

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23062665/top_amp/

でっかい生牡蠣おいしかった◎

同じ席に座った初めましての方々と
酔っ払いトークをたのしみ




向かいに座っていた酒好き夫婦に連れられて

隠れ家的な
日本酒処 「またたび」へ移動。

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23063965/top_amp/








日本酒飲み比べと
おつまみカレーを。



ここ、とてもステキでした。
この雰囲気、理想的!



テーブルに置いてあった
チョコミント好きの店主さんの
チョコミント味カントリーマアムもガツガツいただき



日も沈まぬうちから
すっかり酔っ払い、

ふらふら歩きながら


大須名物みたらし団子と





再び
「れこると大須」に戻って

気になってた
焼き芋ソフトアイスで〆。


コーンの中に焼き芋マッシュが詰まっていて
ソフトも焼き芋濃厚で
とても美味しかった!





だいぶいい感じに出来上がりましたが

酒も肴もどれも美味しくて
幸せな酔っ払いでした◎


大須って呑み屋いっぱいあるんだね〜







そして
不思議な生き物も。。


結婚します

comments(0) - 日々のあれこれ 旅料理人 みかん


わたし、結婚しまーす!


















なーーーんちゃって!!!








骨盤矯正、肩甲骨矯正の
ボディメイクレッスンに
ウェディングドレス体験、
低糖質スイーツとびわ茶付きの

シンデレラ体験会に参加してきたのでした。






これで
今回だけ1000円という破格、
行くよね〜〜







イイ歳して〜〜とは言わないで。


イイ歳だからこそ
たまにはシンデレラ気分で
気持ちを上げる必要があるのだわ。


女に生まれたからには
女である自分も大切にしてあげなくてはです。

自分くらいはちゃんと自分のことを
可愛いと思ってあげなくては。



旦那様代わりに亀を。。





一生に一度のウェディングドレスを着せていただき
テンション MAX。


これでもう悔いはないです。



ドレスっていいねー
着るだけで女性ホルモンばんばん出そうー。




シンデレラ体験会、
つぎは内容ちょっと違うバージョンで
8月4日にあるようです。



ドレスまだ着てない方、
もいちど着てみたい方、
要チェキ◎◎


本日の未完べんとう@三ツ川食堂

comments(0) - みかん弁当 旅料理人 みかん
本日の未完べんとう
@三ツ川食堂






今週は中華料理!


夏の胃に心地よい酸味と、
油ひかえめの
やさしい未完中華をどうぞ◎

………………………

・天津飯、
プチトマトのそぼろ甘酢あんかけ
(EM無洗卵、恵那産有機米)

・酸辣土豆
(細切りにしたジャガイモの炒め物。
有機ジャガイモ使用)。

・切り干し大根と胡瓜の胡麻酢和え
(自家製梅酢)

・梅酵素入り青梅寒天ゼリー
(手作り青梅ジャム、梅酵素、オーガニックデーツソース)


どうやら「天津飯」は 日本発祥の中華風料理のようですが。。
台湾ラーメンみたいなもんかな?


…………………………………


さて、

三ツ川食堂さんでの
毎週金曜日の「未完べんとう」の販売は
7月いっぱいまで、と
させていただくことになりました。

残りあと二回の販売です。

まだ食べてない方、いそいで〜!












さて


こちらは
気になっていたお店、

高岳の
「洋菓子店slow」。
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23067274/top_amp/




シュークリームの種類が色々あって
どれもカタチが可愛いし
内容も魅力的◎


迷った末、ラムレーズンをチョイス。

パイみたいなカタチだけど
軽めのシュー皮で
中にラムレーズン入りのクリームがたっぷり!


ウマーい◎




せっかくなので、ケーキも。

ドーム型ちのガトーショコラ。


しっとりしていて濃厚で、
外側はパリパリチョココーティング。

こちらもウマーい◎◎






上品で甘すぎないけど濃厚。
大人味のケーキたちなんだなという印象。

たぶんどれも
ワインにも合いそうな。

また食べたいお味でした◎











こちらは
いただきものの、今年初スイカ。


割ってみたら
淡い綺麗な黄色でした。

おいしい◎


ごちそうさまでした。


今週のお届けオツマミセット

comments(0) - みかん弁当 旅料理人 みかん
本日のお届けオツマミセット



・ジャガイモのパンケーキ
ベイクドビーンズ添え(有機キタアカリ、EM卵、自家製ベーコン、ギー)
・鶏肉のアフリカンシチュー
(有機メークイン、ナチュラルピーナッツバター)
・大葉と梅酢、オリーブオイルのポテトサラダ
(自家製梅酢、れなりグリーン)
・大葉味噌の大葉巻き
・大葉の佃煮
・おまけ、赤紫蘇シロップ




伊藤家の大量の大葉を消費するのに、
伊藤母から大葉の味噌巻きという保存食を教えていただき、
作ってみました。

本来は胡桃かピーナッツ味噌らしいのだけど、
中身にも大葉を使った大葉味噌。



巻いた状態で軽く焼いておけば
冷蔵庫で長期保存可能なのだそうな!










これは
いただいたドイツ土産。

トーフという文字はわかるけど、
何が入っているかは
買ったご本人もなぞなのだそうで

あけてみると



ん??
ニンニクチップみたい??


それとも
ニンニクの香をまとった、トーフチップなのだろうか。


やっぱり謎のままであった。


自然派ワインのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
ずっと気になっていた、
「自然派ワイン&ナチュラルチーズ
vin vino」へ。

https://www.facebook.com/vinvino.unitedtable/






その名のとおり、
自然派ワイン専門のお店です。











ドリンクのメニューは出てこず、
「赤、白、泡があります」という一言だったので

じゃあスッキリした白で酸味のないやつ、と頼むと
出てきたのがこちら。




【メール・エ・コキアージュ 2016】


最初は控えめですが
リンゴやハッサクのアロマが拡がります。
開けたてをいただいたので
ほんのり微発泡。

スッキリしたリンゴジュースのようで、
一杯目にいただくのにぴったりなかんじ。
ゴクゴク飲めそうな白ワインでした。


………………

タイプ:白
ワイナリー:ドメーヌ・ジュリアン・メイエー(パトリック・メイエー)
生産地:フランス、アルザス
品種:シルヴァネール 90%、
リースリング 10%

手摘み/平均樹齢:30〜50年
栽培:ビオロジック
認証:エコセール
土壌:泥灰土砂利 
標高:200m 向き:南東
面積:1ha 
収量:45hL/ha
発酵:セメントタンクで6ヶ月 
自生酵母
(マロラクティック発酵あり)
熟成:そのまま4ヶ月シュー・ル・リー熟成
軽く濾過・無清澄 
アルコール:12.5%
So2:無添加 トータル10mg
「海と貝」と名付けられたキュヴェ、海が隆起してできた砂利・泥灰 土で育つ樹齢30〜 50年のブドウを使用。
発酵はセメントタンク・ シュールリー熟成。


………………………………………


ミネラル十分な酸味が
日本食の繊細な味わいにもピッタリ、というのがアルザスワインの素晴らしい点。
このワインも日本の魚介類料理を意識してつくられた逸品。

魚介の造りから、握り寿司、エスカベシュ、昆布やカツ出汁の効いた上品な椀物まで、
非凡なほどの相性を見せるワイン。

Merは毎年若干配合が違うようですが、
この2016年はシルバネール90%とリースリング10%のブレンド。

天然アルコール度数 12.5度。
色合いは若干緑のニュアンスのある淡いレモンイエロー。
メール・エ・コキアージュ’(Mer=海 Couquillarges=海鮮貝類)、
危険を侵してもSO2は入れないというこだわりっぷり。









こちらも白。

【ラ・ナトゥーラ  インツォリア】


ほど良いドライ感、
酸も弱いのでスッキリ呑み易い。

辛口の日本酒のような雰囲気で、
料理を選ばない、これまたゴクゴクいける白ワインでした。



………………………………………

原産国: イタリア
地域: シチリア
生産者: ラ・ナトゥーラ
アペラシオン: シシリア
ヴィンテージ: 2017
色: 白
葡萄品種: インツォリア100%
スタイル: 辛口
サーヴする温度: 6-8
度数:12.5%
味わい: 辛口
ボディ:ミディアムボディ
格付:IGT


クリアで鮮やか、淡い麦わら色をし、
少々緑色の色調を持つ。

クリーンでフレッシュでフルーティーな香りは柑橘類と洋梨の含みを持ち、
繊細でハニーがかった花の様なアクセントがある。
フレッシュでしっかりとした果実味に、
リンゴとグレープフルーツの含みを示し、きれいにバランスが取れたまろやかな後味を持ち、
繊細なアーモンドの含みがある。



……………………







スッキリ白を堪能し、
お次は赤。
バルベーラの、なんと2Lボトル。


【Tenuta Migliavacca Vino Rosso テヌータ・ミリアヴァッカ ヴィーノ・ロッソ】


「やや重めの赤」と頼んだら出てきました。

思ったより個性的な熟味はなく
わたし的にはちょいと物足りなかったけど、
しっかりしてるけど飲みやすい赤、という印象。
気取らない、気軽に飲めるピエモンテのバルベーラ。

村で出来たワインを
持参したボトルに詰めてもらう系だそう。


……………………………………



品種:バルベーラ85%、グリニョリーノ10%、フレイザ5%
生産者:Tenuta Migliavacca (テヌータ・ミリアヴァッカ)
国/地域:イタリア/ピエモンテ州(北イタリア西部)ヴェルメンティーノ

生産者について:
ブドウ畑10?を含む40?の所有地を使って肉牛を飼い与える餌もすべて自分で生産したものを使用。
小麦などのワラと牛糞を使って堆肥を作り、それを畑に返すという完全循環型のバイオダイナミックス農法を もうかれこれ30年以上実施しております。
ワイナリーでもごく少量の2酸化硫黄以外の薬物を一切使用していない、イタリアのビオ。

………………………








物足りなかったので、
もうちょっとしっかりした重い赤、と頼んだら
出てきたのがこちら。


【ジョイア・デル・コッレ 2013 ファタローネ
Gioia del Colle 2013 Fatalone】




酸味も甘味もほどよく
意外とドライな印象だけど、 アルコール15%の濃厚さ。

プルーンとかチョコレートの余韻、というのがなんとなくわかったかんじ。

これの開けたてを呑んでみたかったなあ。



………………………………………

【品種】プリミティーヴォ100%
?【産地】イタリア・プーリア
?【カテゴリ】ジョイア デル コッレ
?【味わい】辛口
?【ボディ】中口〜重口
?【タイプ】赤


?有機栽培で造るプリミティーヴォを
収穫後200時間にわたって発酵、マセラシオン。
ステンレスタンクで6ヶ月間、
オーク樽で6ヶ月間、
さらに瓶熟成6ヶ月を経てリリースされます。

熟した果実の香りに加えわずかにスパイシーで焦がしたニュアンスも。
バランスのとれたやわらかな味わいで、ミネラルと酸が調和。
心地よい果実味で余韻にはアーモンドのニュアンス。
ラグーソースのパスタやジビエ、熟成したチーズなどと合わせて。


……………………






お食事は、
まずは前菜盛り合わせ。

肉ペーストが
なんだなツナみたいで野菜も入ってて軽くて美味しかった。





これは
カチョカバロのステーキ。


熱々を早く食べないと
すぐに固まってきてしまうのだけど

固まってお焦げみたいになった部分も美味◎


パンも自家製みたい。
しっとりつまったバゲット、おいしい。




本日のキッシュ。


コーンがゴロゴロ入っていた。
思いのほか大きくて
お腹いっぱいになる。





スペアリブ。


これとても美味しかった!

焼き具合も味付け具合も最高!



シメに
チーズケーキと珈琲(那古やブレンド)。
こちらもボリュームまんてん!


フレッシュで濃厚ミルキーなチーズケーキ、美味しかったです◎






雰囲気も、ワインもお食事も良かったのでまた行きたい。
接客は、意外にだいぶドライ。

無料ブログ作成サービス JUGEM