トラネコボンボン@ギャルリ百草

comments(0) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん
今年いっぱつめの

トラネコボンボン!


http://toranekobonbon.com







ギャルリ百草、

暮らしの造形展にて

http://www.momogusa.jp






今回は

春らしい
パスタとパンの粉もの料理のコースです。








前菜。


新牛蒡カポナータ
人参と南京のクレマ
新ジャガのフォカッチャ
ネーブルのマリネ。



置きっ放しでもパサパサにならない
もちもちフォカッチャ、最高に美味◎
人参のクレマの甘さに感激!


シャクシャクの食感が生きたままの
ネーブルマリネも最高です。








玉ねぎ丸ごとスープ。


箸でサクっと割れる
丸ごと新玉ねぎがゴロン。








クスクスのサラダ。


ラズベリーのドレッシングでした。

レンコン、ドライトマト、オリーブ、ルッコラ、もりもりの具が
絶妙に合わさってて美味!





春野菜のパッケリ。


春の青菜の出汁が効いた
スープ状のさらりとしたソースが、
やさしくておいしい〜◎





しめじのニョッキ。


サツマイモとジャガイモのニョッキに
しめじ感たっぷりの
うまうまクリームソース。







安納芋のケーキ。



以前、
ティザーヌでいただいたのと
同じレシピだと思うのだけど、

今回のは特に美味しかった!



(去年、年末のトラネコボンボン
http://vegeben2.jugem.jp/?eid=2419)


外側が薄くパリっと、
中がしっとり。
芋の甘味もしっかり!




美味〜〜◎◎




お腹いっぱいでも、
スープスタンドのスープも
やはりいただいちゃいました。


ちょっとスパイシーな
カブのスープ。
ラスクを加えたときのかんじが
だいぶ好き◎






今度こそ!と

料理本に
またまたサインをいただきました◎


ティザーヌでは
バタバタすぎて近寄れなかったので…。


やっぱりこうして
ゆっくり座って
じっくり味わって食べたい。



本日も、
1ミリの狂いもなく

おいしすぎました◎


今日という日を
何回でも巻き戻したい!

ずーっと食べ続けてたいー!


会うたびに好きになっちゃうのだけど
そのたびに
会えるハードルが高くなっていく…


今回は
とうとう予約も抽選ということになり、


あたしはハズレてたのだけど、
当選してくれた友人に感謝です。





魔法使いトラネコボンボンさん◎

今回も
おいしいすばらしい時間を
本当に本当にありがとうございました。



いっぱい色々教えていただいたので、
忘れないうちに再現してみなくっちゃー!







お腹いっぱいのあとは、
やっぱり
コーヒーで一服したいね〜

てことで


帰り道、
初の「ond°」へ。

http://ond-o.com/sp/


音楽教室兼カフェ。
勝川の「百時」の月一ウクレレ部の先生、
甲斐さんのお店です。


(百時
http://momotoki.com/)







サイフォンコーヒー!

なつかしい…


まだブラックコーヒーが飲めなかった子どもの頃、
父が家で淹れてたなあ。



音とビジュアルが素敵なウクレレも見つけちゃったので(しかも値段も手頃だった)
そろそろ二本目欲しいな。



じつは今のウクレレ、
プレゼントのいただき物で

自分で選んで購入したことがないっていう。


まー技術があるわけではないから
弾ければいいんだけどね。

ハマるといいのが欲しくなるよね。



★おまけ





連勤明けの昨夜は


「Live居酒屋大ちゃん」へ
初上陸。




旅から一旦戻ってきた
ゆめきの投げ銭Liveへ。
https://www.facebook.com/events/490606014660354/?ti=icl








ディープな赤提灯かと思いきや、

なんかカッコイイステージだ!



しかも
初めましてなのに

ひとたび扉を開けてしまえば
もはや常連。



モスコミュールがのみたい、といったら
そんなもんないぜ、と言われたのだけど

カウンターみたら材料はあったので
勝手につくって呑みました。

(大グラスで超濃いめで。笑)






ゆめきと







愉快な仲間たちに
混じって






オープンマイクでは

ウクレレ昭和歌謡も
飛び入り参加さしてもらいました◎


うーん

さいっこーー◎


ぜいたくなステージ、
たのしすぎた!!



ゆめき、大ちゃん、
ミエさん、皆さん、ありがとう〜〜〜◎



居酒屋大ちゃん、半分スペースを
焼肉屋?にプチリニューアル中だそうで

なんだか素敵な店づくり中でした。


オープンしたら、
また行きたいなー。

昼もいいけど、
やっぱり音と酒は最強だなっ

トラネコボンボン@ティザーヌインフュージョン

comments(3) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん
さて

バタバタだった先週末、

隙間をぬって
土曜日のオアシスエコ朝市の仕入れ後

愛しの愛しの
彼の御方に会いにいってきましたよ◎




トラネコボンボン×にしおゆき展覧会
inティザーヌインフュージョン

「銀と12」
http://tisaneinfusion.blog58.fc2.com/blog-entry-1544.html?sp



前回
而今禾でお会いしたとき
年内にまたいらっしゃると伺っていたので

心待ちにしておりました!!



(前回お会いした日記
http://vegeben2.jugem.jp/?eid=2365&pagenum=1)




しかしながら、 連勤真っ最中にて

あんまり時間がない!

買い出し後にサクっと寄って
サクっと食べて帰らねば〜




11時の開店同時に
入った…

ハズ…

が、







なななんと

すでに
フライング行列〜〜


ずるーい!!







待つこと数十分、

クッキーはラスト二枚、
ケーキは
切りたての第二弾が調度登場したところで



なんとか
バターナッツのスープ、クッキー、安納芋ケーキ、
食べたいものぜんぶにありつけました◎



クッキーはザクザク、
ケーキはしっとり、

スープは思ったよりスパイシーな大人味、
ラスクを浮かべると一層美味しくなる魔法が隠されていました♪



レシピ本にサインをお願いしている余裕はなかったのが残念無念だけど…


ボンボンさまの魔法のおかげで
バタバタの一週間を乗り越えられました◎




ごちそうさまでした。 ありがとうございました。





お疲れに見えたナチオさんが
どうか風邪などひきませんように。。


そして
早くまた会えますように!



トラネコボンボン@谷相食堂

comments(0) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん


こういうヒトに、
ワタシはなりたい。

#トラネコボンボン
#旅するレストラン



というわけで、

お久しぶりの「而今禾」。
http://www.jikonka.com

ここには
このためにしか
来ていないような…





旅するレストラン、
トラネコボンボンの
ゴハンを食べに。
http://toranekobonbon.com





くどいようですが、
最っっ愛の料理人です。


なんだか

毎日 すごーくお忙しいそうで
すごーくあちこち飛び回っておられるのに、

なぜ近くに来ないー!!



会える日を心待ちにして、
ウズウズムズムズしていましたが

やっとこさ今年一発目の
トラネコご飯にありつけました◎


日記を遡ってみたら
前回はなんと1年以上前ではないか…
http://vegeben2.jugem.jp/?eid=2041


本日のランチはこんなかんじ。

今回も
谷相食堂として

早川ユミさんの展示と
哲平さんの器と共に。


紫蘇入り
水出し焙じ茶。

キンと冷たくて
紫蘇の香り。

美味しすぎて
ぐびくび飲める。



前菜。

土っぽい器が素敵。


青菜とシメジのお浸し。
お揚げが薄甘くて美味。



揚げ茄子はしっかり甘辛くて美味。

焼き玉ねぎ、土佐ジローの酢卵、
ぬか漬け、、

全部美味。


梅干しは
越知というところの、お婆さん?のつくったという、それは美味しい梅干し。

砂糖を加えたのかと思うほど
甘くてふっくらホロリと柔らかい。
この梅干し、
めちゃくちゃ美味しかったー


(初めてのトラネコご飯のときも
美味しい梅干しをいただいた。
このときのと同じ方の梅干しかなあ http://vegeben2.jugem.jp/?eid=1410&pagenum=6)



ぬか漬け、
新生姜たっぷりのハリハリ漬け。

美味。




おから豆腐のお焼き。

ギュッとつまってて
絶妙にコンガリ焼かれたお焼き。

玉ねぎドレッシングに大根おろしを加えたソースが
これまた美味。


ちりめん山椒と
大根菜がのった
もっちり玄米。

玄米の中からは大きな落花生が。


激美味お味噌汁。

白味噌にオクラとハスイモがたっぷり。

断然赤味噌派のワタシですが
この白味噌は最強に旨かった!


これも
高知のお知り合いが作られたものだそうですが、 ナチオさまの出汁加減も素晴らしいのだとおもう。



あっというまに
机が賑やかに。


何回でも巻き戻して食べ続けたいくらい美味。


なんと
今回は、焼菓子のデザート付きでした。
山茶によく合う
こっくりと甘い、栗と木の実たっぷりのケーキ。

分厚い…
シアワセ。



遅がけに行ったので

今回もたくさんお話ができちゃいました◎


お料理のあれこれ、
美味しさのヒミツも

包み隠さず教えてくれちゃう。


美味しさの魔法は
ほんのちょっとの一手間と
たっぷりの愛情なのね。



うーん
やっぱり好きだ!!
このヒトも
このヒトの創るゴハンも
その他諸々も。



早くまた会いたいー!


そして
なんとー!!


お土産に
デザートのケーキを強請ったら

オムスビまで握ってくださって…



その足で

コバレレ珈琲の「猫大学」へ。


めめちゃんのプレミアムショコラも
すばらしく美味。。


オムスビは5つも入っていたので
みんなと分けて


帰り道、

海の匂いと
満月を愉しみながら

ナチオムスビを堪能◎



なんとも
シアワセ夢見心地な1日だったのでした。


Y子さん、
1日運転ありがとう◎◎




ふふふ

トラネコボンボンお弁当箱もゲット◎

宝物がまたひとつ増えました。

トラネコボンボン@百草

comments(0) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん



行ってきました!



トラネコボンボン@百草
http://www.momogusa.jp



超限定の
辻和美さんのガラス器とのコラボランチは

予約開始日当日に電話したにも関わらず
予約開始30秒で全日満員になってしまったそうで

予約できず…


しかし
毎回半分席は
当日予約フリーのベジランチがいただけるとのことで


ランチ開始一時間前に到着し
当日席をゲット♪♪




メニューはこんなかんじ。


予約の器コラボメニューが
次々提供されていくのを

はああ〜〜
の、ため息と

くううーー
の、悔し涙をこらえて

眺めつつ



美しい石楠花の匂いを
楽しみつつ

待っていると








キターーー


まずは、サラダ。


金時豆の甘煮がアクセント。
ビーツの赤と
ドレッシングの白が

食べ終えると
皿の上でピンク色になるの。

すてき…




もちろん
どこからどう食べても美味しい。








そして

トラネコボンボン定番の
カシミールカレー。


コロンコロン、の
マッシュルームが
かわいい。


こちらも
どこからどう食べても、以下略。



予約ランチと
ちょこちょこ素材がかぶってたので
嬉しい♪

そこからまた
食べれなかったランチの味の
妄想をしてみるのだ。




別日は
アフリカンシチューのメニューの時もあったようで
まだ食べたことないそれにも惹かれたけど…




食後にスイカジュース。


レモンが効いて
さっぱり美味しい♪




麗しき御姿…



ちょくちょく生身の姿を見ていないと

本当にこの人はこの世に存在するのかしらと
思うてきてしまうので。笑


これからもちょくちょく
近くに来てくれると嬉しいなあ!



開始前、

少しお時間をいただけたので


持参してったトラネコ本に
サインしてもらいました♪


目の前に並ぶと
背丈がおんなじくらいで

そんなとこにも
キュンときます。笑




しっとりとした梅雨の気配と

透き通ったガラスの器に

パキっと美しい紅。



美味しい匂いと
絵画みたいな料理。


素晴らしいコラボレーションでした。



ご馳走さまでした!










トラネコボンボンのお弁当本

comments(0) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん



トラネコボンボンのお弁当本が出ちゃったよ!
http://bon.toranekobonbon.com/?eid=1807


どれも美味しそうすぎて
ため息がでるよ!


トラネコボンボンらしい
イラストや
文章の雰囲気に
(「薄くてひらひらしたの」、とか
「ぴょんぴょん飛びだします」、とか)

クスッとなるよ!


ユルいけど、細かい。
丁寧だけど、ざっくり。
美しくて、可愛い!



レシピ通りにつくっても
彼女がつくったそれとは
全く違う味になるのもわかっているよ!

なにせ
彼女の手からは
魔法のスパイスが出ているのだから。





あーー
トラネコボンボンのお弁当が食べたいなあ!



あーー
汚しちゃってもいいように
もう一冊買っとこうかなあ!

れもん日記

comments(0) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん
ラクをしたい、
ラクな方を選びたい、


いうわけじゃないんだけど、



ラクになりたい。


自分をもっと、
気持ちをもっと、

ラクにしたい。



ラクに
していたいのだ。




さて
遡って、

10月下旬の週末。

久屋のオサレ雑貨店「ティザーヌインフュージョン」での

愛しのトラネコボンボン出張イベント
「緑とかばんとレモネード」にて

冨沢恭子さんの柿渋染めかばんと
トラネコボンボンの
レモネードショップ「LEMON日記」を
堪能してきました。

http://www.flower-noritake.com/tisane/event.html



金、土、日の
3日間のイベントだったというのに、

名古屋の
しかもママチャリで行けるくらいの
こんな近距離に
トラネコボンボンが来ていたというのに、

仕事の都合で
日曜日しか伺えなかったことが

今思い返しても
ひたすら悔しくてなりません。

(正確に言うと
金曜日は仕事後、猛ダッシュで向かったのだけど
当たり前にスッカラカンだったのでした。)



メニューは、

レモンクッキーに
レモンスープに
レモンサンドに
レモンライス。

見事なまでのレモンっぷりです♪


クッキーとサンドはお持ち帰りにして
ライスとスープを注文。


レモンスープ♪

グリッシーニと共に。


削られたレモン皮の、
素晴らしいフレッシュな香り。

見た目より濃厚な
オイル感のあるスープに

さっぱりと香る、でも
あたしの苦手なキツい酸味は全くない
レモンの風味が

素晴らしくマッチ!


レモンライス。


クミンの香る、炊き込み玄米ご飯に
フレッシュレモン♪

たっぷりのサラダに
添えられた和え物、

どこをどう食べても
間違いなく美味しい!!


単品はもちろんのこと
それぞれのドレッシングや和え衣が、
ご飯とレモンと混ざると


これまた素晴らしいハーモニーが♪


このレモンライスのプレート、
想像以上にドツボで
予想どおりに感動!


あーーん
やっぱり

おーいしーーい!!!



このレモン自体が
そんなに酸味がするかんじではないみたい。

ほんのりした甘さのある
スダチやカボスにも似てるような風味。

酸味が得意でないあたしも
これはしっかり効いてても

むしろ
しっかり効かせた方が

美味しい♪


ナチオさんの魔法で
レモンの中に
甘さが生まれたのでしょうかね?



レモンサンドは

レモンを効かせた
ポテトサラダと
ゴロンとした人参が挟まってました。


パンがだいぶもっちりな生地だったので

これはやはり
持ち帰らずその場でいただくべきだったかもだなあ…
と少し後悔しつつ。






レモンピールの入った

お馴染みザクザククッキーも
とてもとても美味しかったです。


今回も

美味しい魔法を
ありがとうございました。




貴方にお会い出来るのは



いつなのでしょう…





嗚呼!



★オマケ


本日の
オアシス朝市にて。

金平糖の原点という、

トルコ?メキシコ?か
どっかのお土産だという

飴玉をいただきました。

砂糖菓子みたいな
サクっと感。

美味しい♪


鈍く淡い色味も
可愛い。


数キロの
青トマトもドッサリいただいたので


ジャムとピクルスを仕込みまーす。


こちらは
ゆうき農園、もりくんの人参。


ミニサイズの

細長〜い金時人参と
太っちょ黄色人参。


とりあえず
生でいただいてみる。


金時はナルホド、な
人参臭と人参味。
人参好きにはたまらないかんじ?


黄色は…

おお、
全く人参臭無し。
水分も少ないような。

人参嫌いにオススメしたいかんじ?



炒め蒸ししたら、

おお〜〜

金時は想像通りの
人参の甘さ。


黄色は

なんかまるで、芋みたい!


黄色人参て、
こんな美味しいのかー!


そして
炒め蒸しすると

葉と実の間の軸、
一番ガシガシして切りとってしまいたくなる部分が

めっちゃ美味しくなります。


走りの時期の人参、
半ナマでいただくのが
いちばん好きかも〜♪



そして

西尾さんの
デカすぎる椎茸で

椎茸丼だどーん。



とろっとろ。
目を閉じればフカヒレ?笑



こちらは

その朝市後
朝市看板女子たちと、

女子会カレーランチ
@ムガルパレス1号店。


経験豊富な
お姉さま方の知識と情報を胸に


明日、
頑張ってきまーす!笑




谷相食堂@而今禾

comments(0) - トラネコボンボン 旅料理人 みかん
愛しの愛しの愛しの×100、

かの人に会いに…



週末は
三重の而今禾へ、
(http://www.jikonka.com)


「トラネコボンボン」の
中西なちおさんの
ごはんを食べにゆきました。

(トラネコボンボン
http://www.toranekobonbon.com/index.html)


なちおさんは、ら
憧れの憧れの憧れの×100
天才料理人。

東海地方に来られるときは
何がなんでも行きたい。



ここしばらく
お会いできる機会がなく


この会えない期間、
日々トラネコボンボンHPの
Blogの更新を見ては
想いばかりを募らせておりました。


ファンを通り越して
半ばストーカーです。

いいんです。

気味悪がられようが
苦笑いされようが

なちおさんに
迷惑にさえなっていなければ。


この想いは
きっと一生止められないのです。


(過去の
トラネコボンボンごはん日記
http://vegeben2.jugem.jp/?cid=19)



厨房、裏口前には
たっぷりの食材が。

これに
今回はどんな魔法がかかるのかしら…



胸が高鳴ります。



初日、
金曜日のメニュー。


まずは
塩茹で落花生。


そして
こんなかんじ。












余計なコメントは
控えさせていただきます。


とにかく

美味いです。


どこから食べても
何をどう食べても

完璧に
完成された
抜群の美味さです。

一日中、
ずーーーっと
口に含んでいたい美味しさです。



で。

ストーカー、
土曜日は行けなかったけど

本日再度訪問。


今日の前菜は
早川ユミさんの畑の
里芋を生姜醤油で。


そして

こんなかんじ。










美味しい。
美味し過ぎる。


何もかもが、
美味しい通り越して
感動レベルなのです。



きっと彼女は
人間ではなく魔法遣いなのだと
思っています。

きっと彼女の手からは
特別な「味の素」的なものが
出ているのではないかと思っています。

ただ
焼くだけで

ただ
揚げるだけで

ただ
塩を振るだけで

彼女のそれは
一般の、その100倍美味しい。


一口食べるごとに
溜息と涙が出そうなほどの感動。




天才なちおさんと
ツーショット♪



シャイなあたしは
自分から推すことは出来ないので

同行者の
「写真撮ってあげよか?」の
鶴の一声に、心から感謝…。


手に持っているのは

この期間中、販売されていた
トラネコボンボン絵本、

「猫とサーカス」。


サインをもらっちゃった♪

どのへんがサインなのかは
この本を持っている人にだけ
わかるかも。

うふふふふふ。


嬉しすぎて
見るたび顔がにやける…。


ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした。
ごちそう過ぎました!


ありがとう。
シアワセです。
愛してます。
美味しかった!!



そして、
金曜日の同行者
Yさん&Sちゃん、

本日の同行者、
Nくん&Kちゃん、

ありがとう!




さて!

今日は、そのまま
一日たっぷり三重を堪能しました。


トラネコボンボンランチ後は
いなべの「森のマーケット」へ。
(http://blog.goo.ne.jp/bio-g/c/951ae52211930aedc07c0c97ffc59219





森に囲まれた
マーケットにて




森くんと…

(ゆうき農園
http://yukifarm.blog54.fc2.com)




森ママ!!

ひゃー

森まるけ!笑


羊の毛を
紡いで紡いで、

その手仕事と
その楽しさを

喋り倒す…
いや、

目の前の人に
伝えていくっていう、


ナイスな森ママ!

やー
すげーな、森家!


そして
今年、田植えに参加してきた

森くん田んぼの
新米をらget♪

(田植えの日記
http://vegeben2.jugem.jp/?eid=1814)



したら、
ポッケいっぱいに

初人参がオマケに付いてきた〜〜



ゆうき人参、
場所が変われど
土が変われど

その美味さに変わりはありません。

人参然り、
ゆうき農園の
根菜がとても好きです。





「森マ」を後にし、
山を越え谷を越え、


シャトルバスに乗り


東海一の絶景の湯、
「水晶の湯」で

ナトリウム温泉と夜景と



生麦酒で締め括り♪





シアワセな休日を
ありがとうございました。







台湾食堂 虎猫凡々

comments(0) - トラネコボンボン
何故か突然、いつも本当に突然、

切りたい!!
の衝動にかられ

思った瞬間
自分でザクザクと切り出してしまう、
我が前髪。

8割がた、仕事行く前の数分間で
それは行われる。

そして
9割がた、失敗して落ち込む。
治せば治すほど
量が増えて、短くなっていく前髪。


そんなことを
もう何年も繰り返してるのに
学習能力が無いなー
と思いながら

切ってしまったものは元に戻らないので

今回もただひたすら
前髪が伸びるのを待つしかないわけで…。

学習したいのは、

「前髪が切りたくなったら
ただ前髪のためだけにでも美容院に行くまで、その衝動を抑えること」
ではなく

「自分の前髪くらい
もう少しまともにカットできるようにしたい」、
てとこです。



そんなあたしの前髪を見て

苦笑しながら
「あ、ハロウィン?」
と言ったあなたに

お菓子より、
座布団を一枚差し上げたいところ。



さてさて

台風が来ようとも
沢山の素敵なイベントがあちらこちらで開催されていようとも

あたしにとっては
何事にも勝る一大イベント、
旅するレストラン、トラネコボンボン。
http://toranekobonbon.com


そんなわけで、先週
台湾食堂 虎猫凡々@而今禾へ
行ってきました。
http://www.jikonka.com/cafe_food/place/seki/post_8.php




前菜が到着し




割包(グアパオ)が到着し





台湾汁麺が上陸!

んー
たまらん!!

割包は、
「お代わりできます」の声に

ここぞとばかり
3個お代わり。

そのままで、
香味味噌を付けて、
具を挟んで。


美味しくて
美しくて
楽しくて
誠実で
優しくて
力強い。

んー
パーフェクト!!!


高地からやってきた、
たくさんの柑橘を使った





高地の柑橘ミックスジュース。

これも絶品!

ナチオさんの料理はどれも
いい意味で期待を裏切る。

見た目からの想像とはまた違った、
それでいて予想を遥かに超える味。




最終の時間帯には、
顔見知りが集まり

ナチオさんの麗しきトークを囲む。

料理同様、華やかで
嫌味のないオーラを持ってる人だな♪


んー
好き!



昨今の通い詰め度に
「そろそろスタンプカードを作りましょうか」
と苦笑されつつ。笑

いやー
マジで作って欲しいです!


料理もいいけど
クッキーもね♪

ナッツ入りの、ザクザククッキー。


いつも
美味しい素晴らしいご飯をありがとうございます。

幸せな時間に、
今回も充電満タン♪


byみかん画伯




マティノ植物園

comments(0) - トラネコボンボン
昨日は
午前中とは打って変わって
午後は一気に雨天、の
港マーケットでした。
http://omarket.exblog.jp/

でもまあ、
もともと雨予報だったのが
なんとか半分は晴天を保ってくれたのは
良かったなーと思います。


仮面ライダーは
雨にも風にも負けません。

握手会も、
傘を持っての長蛇の列!

この客足が
回を重ねるごとに
こちらにも向いてくれることを願いつつ…


マーケットの日記はまた後日。

まずは、
先週の素敵イベントの日記を。


最愛の…
そう最愛の!

キムタクより、ゆずの悠仁より、
嵐の相葉くんより、
10年前の堂本光一より、
20年前の藤井フミヤより、最愛の!!

トラネコボンボンが
http://toranekobonbon.com/

なんと名古屋にやってきたのでした〜!

うーん、
だんだん距離が縮まってる気がするわね、私達♪


場所は、
ティザーヌインフュージョン
http://www.flower-noritake.com/tisane/

場所もまた
トラネコボンボンらしい
オサレ空間。

因みに、ウチから自転車で15分の距離。



思えば

初めてまだ見ぬ貴方のつくったクッキーを頂いたのも、こちらでした…
(懐かしの日記 http://vegeben.jugem.jp/?eid=1206)







今回は
初めての、トラネコボンボンサンドイッチ♪

イベント開始一日目、
店オープン直後にお邪魔し

黒板に書かれたメニューを見るやいなや
「メニュー、上から全部ひとつずつください!」



曇り空の窓辺で


先ずは
蕎麦粉クレープ。

具は、切り干し大根のコールスロー

お共は
日向夏レモネード


続いて、
バゲットサンド。
具はポテトサラダとオーガニック葉野菜

二種喰いする私達に
「結構ボリュームあるんで、
食べきれなかったら包みますね」

いやいや、
もう一巡くらいペロリと行けますとも!
(↑決して胃袋の自慢をしているわけではなく、
その位美味しいのだと言いたい)


なんなら貴方を食べてしまいたい!
…いや、
むしろ野菜になって食べられたい。
てか、
貴方に料理されたいす!笑


おるがん社、にしおゆきさんとの
(http://www.organsha.com/)
漫才みたいなトークを聞きながら

ゆきさんの
可愛い陶器を眺めながら

夢ごこち♪

お二人は、地元高知の先輩後輩の仲なのだそう。

ううむ、
高知は天才が育つ街なのか…


雨のパラつく曇り空の屋上へ上がり










花々や


亀くんとご対面。



夜は
おるがん社×トラネコボンボンの
オルネコ企画、

2010年博士の旅
上映会へ。

なちおさんの素敵イラストが
可愛い音楽と
思わずプププな物語がついて
動き回ります。

これ、絵本とか出して欲しいな〜


こんな、
遊びゴコロあふれる
デキる大人ってスバラシイ。

自分の楽しみが
そっくりそのまま
相手の愉しみに繋がるなんて
スバラシイ。



さてその翌日。
次の日に甚目寺朝市を控えてたので
今回は一回限りしか伺えないかな…
と思ってたけど

ざざざっとやることを済ませ
雨の中、地下鉄に乗り込んで

来ちゃいました〜

こんなに近い距離に居て
期間中一度しか会えないなんて
耐えられないわ。

「トラネコオタクですみません」

またしても、サンド&クレープ両方オーダーする私に

苦笑しつつ
「上映会用の
大きめのソフトバゲットサンドは
両方の具が入ってますよー」
とのことで

結局
ソフトバゲットサンドをひとつ購入。


具は
ポテトサラダと
ズッキーニ&レンコンのマリネ



味の細かい批評は出来ませぬ。


どれもこれも
こんなシンプルなメニューネーミングからは
想像もできない感動の美味しさ♪


パンは、
ティザーヌさんがチョイスしたという
近くのパン屋(たぶんブランパンhttp://blanc-pain.jp/)、

野菜は、
名古屋に向かう途中寄ってみたというあぐりん村で
(http://www.nagakuteonsen.jp/agrin/)

購入したものが殆どとのこと。

もちろんいい素材ではあるけど
私達にとってもわりかし身近な素材。

けれども
彼女の手にかかれば
不思議なくらい全てが感動の味になってしまうのです。

やっぱり
このひとの手からは
魔法が出ているな。

と確信した
二日間でした。


また
ぜひぜひ名古屋に来て欲しいな!


ごちそうさまでした。


ちなみに
イベント名「マティノ植物園」とは

高知の「牧野植物園」http://www.makino.or.jp/から
もじったものだそう。

数年前、高知に行ったとき
予定もせず偶然伺った
素敵空間だったのでした。
(懐かしの日記http://vegeben.jugem.jp/?eid=510)







魔法使いトラネコボンボン

comments(0) - トラネコボンボン
知らないお兄さんに
「何か落ちましたよ。」
と言われて、

振り向くと
背中に貼ってたホッカイロだった

てことが
ここ数日のうち何度かあり

ああ、
春は遠いな…

と思ってたけど

世の中はもう、すっかり春の空気。
あったかいって嬉しい。


黒米の研ぎ汁で
乳酸菌を育てた。

これで春色ヨーグルトが出来るかな?
と思いきや

豆乳と乳酸菌液の割合は9対1程度なので
色味は付かなかった。残念。

さて
虫も目覚める啓蟄の頃。

向かった先は
多治見の「ギャルリ百草」。
(百草 http://www.momogusa.com/)


会う前から恋い焦がれており

昨年初めてお会いしてから
より深く恋してしまった、

(その1 http://vegeben.jugem.jp/?eid=1344
その2 http://vegeben.jugem.jp/?eid=1345
その3 http://vegeben.jugem.jp/?eid=1397)

トラネコボンボン。
(http://toranekobonbon.com/)

こんなに早く
また貴方にお会いできるとは…

嬉しくて嬉しくて嬉しくて
辛いよ〜〜〜♪
(ゴールデンボンバー口調で。)

サラダ。
エンドウの湯がき加減も最高。


リーキとカリフラワーのスープ。
間違いなく美味い。


プレート登場。
何ひとつ狂いのない美味しさ。

豆腐のソースも
サクサクとろーん、のフライも
味も食感も色も全てが美味しい。

特に、お浸しには感動した。
野菜を愛してる人の作るお浸しだと思った。


全神経を集中させて
無言で、一つ一つに向き合って食べました。

ご馳走さまでした…



お店の人にお願いして、
前日、前々日のメニューの紙、
ごよやくせき、の紙まで
持ち帰らせていただいちゃいました。笑


そして再び。

今回は、前半が玄米プレートのランチ、
後半がカレーorシチューのランチ、となっていたので

後半にも伺っちゃいました。


サラダ。

おや。
ちょっと様子が違うような…

なんとなく、
なちおさんが盛ったのでは無いような気がしました。

念願のトラネコカレー♪

カシューナッツとココナツの
マイルドクリーミーなカレーでした。
なんだかちょっと意外。


ピクルス代わり?の
野菜の酢漬け。
ご飯が、カレーが、ススムくん。

ご馳走さまでした…



「オバケ」は見たことないので信じていないし
「神様」も見たことないので信じていません。(が、時々頼みごとはする。)

そんな類で、
「魔法使い」は居るのだと思った。

なちおさんの手は、魔法の手。

手の平から何か特別なものが出ているような。
たぶん、同じものを同じように扱っても
全く別のものになってしまう。


なちおさんの料理は、
ただ美しいだけでなく、
ただ美味しいだけでなく、

いちいち「感動」が伴う。
それも
食べた人が全員。必ず。

それぞれに
ため息を漏らしたり、
料理についての感想や喜びを
他人に話したくなったり。

けれど
なちおさん自身は
自ら料理やこだわりについて解説したりと

自分のことについて
押し売りをするようなことは決してしない。
(勿論、質問したら快く教えてくれるけれど)

なんの情報がなくとも
自身が何も語らずとも

彼女の料理を口にするだけで
必要以上の感動を与えられてしまう。

何度でも何度でも食べたくなる
魔法の料理。


器や場所など
ぬかりのないシチュエーションを選んでいるのも、味のひとつだと思う。

そんなシチュエーションは
彼女の料理が引き寄せているのだろうな。



ギャラリーでは
記憶のモンプチ展。

自ら料理以外で
外に発信することのなかった彼女が
始めた毎日一枚の絵は

誰かに求められることで
動き始めたもの。

多分彼女は
自分のエゴで動くことはなくて
常に誰かに必要とされて
初めて動くスタンスなのだな。


バラバラに切りとったみたいな
それぞれの絵は

でもどこか繋がってるみたいな
不思議な絵と言葉

レシートの裏や
本の隙間に

まさに「今ここ」の
時間の落書き。



文字どおり
五感が喜んだ
一日(×2)でした。

交流会ビュッフェの仕事の前に
食べに行けて良かったなあ。
トラネコボンボンのご飯を食べると
料理がより楽しくなります。
これも魔法!


同乗いただいた
Y子さん、Sさん、ありがとう。
百草さん、トラネコボンボンさん、
素敵な時間をありがとうございました。







無料ブログ作成サービス JUGEM