ワインのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
てなわけで


丸の内マルシェで呑んだ
「自然派ワイン専門店ハウディ」の
自然派ワインいろいろ。













【ハンガリー ヴィンツェレール フィズィ・ミシュカ
Fizzi Miska】



きれいな紅色の
ロゼスパークリング。
甘味も酸もキリッとしていて、 キレもよい◎

ベリーの香りが効いてて ゴクゴク呑める。
美味しかったです。


……………………………………
ハンガリーの北西部でオーストリアとの国境にあるショプロンの周辺は、
古くからワインの生産がさかんなエリアです。
国境に位置するフェルテー湖(オーストリアではノイジードル湖)の周辺に広がり、ワインの産地としてはハンガリー国内でも有数の規模を誇ります。

重いロームの土壌から収穫された葡萄を使用。
空気プレスした果汁をステンレスタンクで発酵。
約6ヶ月間、ステンレスタンクで落ち着かせた後にガスを加えて瓶詰め。
ガス圧は2.5 気圧。

スグリのような赤い果実とベリー系の甘い香り。ふんわりと口に広がる果実の甘みとキレのある酸。柔らかな泡の辛口の仕上がり。
食前酒はもちろん、豚や鶏肉などのお肉料理などと食中にも楽しまれています。

・名称 スパークリングワイン
・生産地 ハンガリー/ショプロン
・原材料 ケークフランコシュ100%
・味わい 辛口
・度数 12.5%
・保存方法 常温
・製造者 ハンガリー(ヴィンツェレール)

………………………………















【ビアンコ ディ クストーザ 2016 モンテ ディ ロアリ
Bianco Di Custoza Monte Dei Roari 】



柔らかな旨口◎
しっかり味だけどサラリと飲めます。


………………………………

19世紀後半ガルダ湖の南約8kmのモンテ・ママオル(Monte Mamaor)で始まりました。
ガルダ湖から続く氷河由来のモレーンと呼ばれる土壌の「最後の丘」。
氷河が押し出したガルダ湖から続く土は標高192mのこの丘でせき止められました。
畑にはモレーン土壌特有の様々な丸い石がゴロゴロと転がっています。
樫林も維持することで畑の自然な生態系を守っています。

ビオデナミ農法、畝間には菜の花やそら豆の他に計14種類もの草花を植えて、
様々な生き物が共生できる環境造りの為に、一畝おきにその草花を残します。

チューリップ型セメントタンクで発酵させたガルガネーガ、トレッビアーノ、トレッビアネッロを
アンフォラで発酵させたマルヴァジアをセメントタンクにて4ヶ月間シュールリー熟成後、
無濾にて瓶詰しました。

純粋な果実の味わいと柔らかで奥行のある鉱物質な旨みが混然一体となり
じわりと舌に沁み込むように広がります。

・ワイナリー名 モンテディロアリ
・生産地 イタリア ヴェネト
・品種 トレッビアーノ・トスカーノ
40%、ガルガーネガ30%、トレッビアネッロ20%、マルヴァジア10%

………………………………














【バルドリーノ レボイ 2017 モンテ ディ ロアリ Bardolino Reboi Monte Dei Roari】


こちらもモンテ ディ ロアリ。

一カ月間陰干しした葡萄で二重発酵させた、コクのあるワイン。
野生酵母で発酵し、無濾過で瓶詰め。

味わいも香りも深みがありつつ
酸味は柔らか。

これ、好きな赤でした◎


……………………………………

レボイとは再発酵のこと。
通常に収穫しプレスしたもろみにロゼ用に抽出したセニエの残りをブレンドして一次発酵を行い、
その後1ヶ月陰干ししたコルヴィーナをプレスしてタンクに追加して2次発酵を行います。
透明感のある赤黒い色調。

ラズベリーやスミレなどの果実と甘草や干し葡萄の香り。軽快かつ透明感がありつつ奥行きのある味わい。

【品種】コルヴィーナ、ロンディネッラ
【産地】イタリア・ヴェネト
【カテゴリ】バルドリーノ
…………………………………………














そして、
シメには日本酒。

【孝の司 夢山水 純米吟醸】 愛知県岡崎市 柴田酒造



まろやかな旨口! 美味しかったです◎


……………………………………………

愛知県産の夢山水を使用した、吟醸香豊かな味わい深い純米吟醸酒。

愛知県の山間の土地でできたお米と水を使った地産地消のお酒です。

原料米 夢山水
精米歩合 60%
アルコール分 15.8度
日本酒度 5
酸度 1.5
アミノ酸度 1.

…………………………………………





アテは、
チーズカフェ アルビンヌのチーズ。



どれも美味しかった!



しかし
昼酒は酔うね〜〜


ウクレレライブ、午後の3回目の回は
軽く酔っ払ってました。。

日本酒とワインのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
日本酒とワインのお勉強。












【丹沢山 純米吟醸 ひやおろし】
神奈川県山北町 川西屋酒造店

まろやかな熟感、だけど
くっきりした旨味と香り。

甘味も落ち着いていて、
飲みやすい旨口酒◎

嫌いじゃないかんじです。

…………………………………………

神奈川県最西端の町、
山北町にある酒蔵・川西屋酒造店で造られた秋限定酒。
使用されているお米は蔵のほど近く、 足柄平野産の酒造米「若水」。
仕込み水には丹沢山系の伏流水(中硬水)を使用。

穏やかで上品な吟醸香があり、飲み口はまろやか。
円熟した旨味が口の中に広がります。

秋の味覚との相性も良く、
是非食中に飲んでいただきたいお酒です。
毎年当店では一番人気のひやおろしです。

◆アルコール度数:16度以上17度未満
◆原材料:米、米麹
◆原料酒米:神奈川県足柄地区産「若水」
◆精米歩合:55%
◆日本酒度:+6
◆酸度:1.5
◆使用酵母:7号系

…………………………………………













【亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24】
高知県 亀泉酒造


甘口好きだと言ったら勧められたお酒。
香りも酸味もいいかんじなので、
甘たるくなく飲みやすかったです。

………………………………………

広島県産八反錦を50%まで磨き上げ、
酒名の由来である高知県で開発された酵母『CEL-24』を使用して醸した純米吟醸生原酒です。

特徴は仕込み毎に変わる、
土佐酒では大変珍しい極々甘口の日本酒度。

原酒にしては低いアルコール度ながら、 しっかり感じる酸味とほのかな甘みのバランスは絶妙で、
日本酒のイメージが変わるかもしれません。
飲む度にクセになっていく不思議な土佐酒なのです。

原料米/八反錦(広島県産)
精米歩合/50%
アルコール度/14.7度
日本酒度/-8
酸度/2.0 アミノ酸度/1.2
使用酵母/高知酵母(CEL24)
原料米:八反錦
精米歩合:50% 生酒

………………………………………















【シーグラス モントレー・カウンティ ロゼ】
カリフォルニア


以前、白が美味しかったので
今回はロゼを。

なんていうか滑らかな口当たりで、すいすい飲めちゃうロゼ。
美味しかった!

………………………………………

モントレー湾から流れ込む冷たい海風と霧を表現したような冷涼感と、
ローヌ系品種とピノ・ノワールというユニークな組み合わせの
3種のブドウが織りなす味わい深さを併せ持つ高品質なロゼ。

品種 グルナッシュ45%, シラー40%, ピノノワール15%
Alc 12.8%
発酵: ステンレスタンクにて

………………………………
















【都農ワイン シラー プライベート リザーブ】
宮崎県


渋味と酸味も
ほどよく効いていて滑らか。

都農ワインの白はあんまりタイプではなかったけど
この赤は好きなタイプ◎

栽培が厳しいといわれるシラーを 独自の栽培方法で克服し、
誕生した都農の赤ワイン!

…………………………………………

エレガントタッチながらも、
骨格のしっかりとした味わいが楽しめるワインです!

黒みがかった色調のやや明るめのガーネット色がとても綺麗です。

白胡椒や山椒のようなスパイシーな味わいが広がり、
心地よい酸味が優しいタンニンと良いバランスをとりながら、
一体感のある味わいを構成しています。

和風シラーといった感じで、
和食に合いそうです。

エレガントなタッチながらも、
骨格のしっかりとした味わいが楽しめ、また、樽の雰囲気が良いアクセントになり、
深みのある干しブドウのような風味が余韻を長く楽しませてくれます。

10℃〜15℃と冷やしすぎないようにしてお楽しみください。
肉料理全般と良い相性をみせます。

……………………………………






国産のワインは
海外のそれとは全く別物と思って
飲んだほうがいいと思う今日この頃。



テイスティングのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
最近
テレビが騒がしい。


有名人が、
亡くなったり
引退したり
事件を起こしたり。


なんていうか、
有名人て大変だな。


そして
そんな有名人のあれやこれやに
こんなに盛り上がっちゃえるって

一般人てミーハーだな。




そんなの本人同士の問題で、
そっとしといたれよー

て思うものもしばしば。






さて、 週末。

ワインの
試飲会&テイスティング講座に
参加してきました。





まずは
白ワイン三種。


白い紙を壁にして
色味をとります。



熟度やその方法、
ブドウの品種、生育環境によって

その色味の濃さも輝きも
粘性も
違ってきます。








そして
香りをとります。


ワインのテイスティングにおいて
必要なのは
味わい以上に香り。

口に含んだ後に残る
余韻。




ソーヴィニョンブランの
「トロピカルフルーツ香」は
なるほど、と思うけど


リースリングの「ペトロール香」、
これは
この香りがそれなのね、と知っていないと
なかなか解り辛い。。


一番左はシャルドネだけど
シャブリなのでシャープ。








お次は
赤ワイン三種。



色味だけで
比べるとよくわかる、
淡い色味はブルゴーニュのピノ。

香りは
ほんのりバニラがかった
華やかなラベンダー香。



オーストラリアのシラーズは
ほんのりスパイシーな黒胡椒の香。
でも後味が甘い。



ボルドーのカベルネは
プルーンやベリーの香。

後味はメントール。








色んな表現があるけれど、

文字で見ても
それが実際どんなものなのか
体感しないとわからない。

また、
並べて比べてみると
より分かりやすいです。



百聞は一見にしかず。







テイスティンググラスで
特性を比較してから、


グラスを変えて
味わいを楽しみました。



チューリップ型のボルドータイプ、
バルーン型のブルゴーニュタイプ、

逆に入れてみるのもおもしろい◎





ああ楽しかった!
そして酔っ払った!

ワインのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん

ワインのお勉強








【ヴィラ シャヴァン シャルドネ レゼルヴァ 2015 】

ラングドック=ルーションの
カジュアルな旨ワイン◎

フレッシュでフルーティな辛口、
甘いバニラのような香り、

これとても好き!
コスパGOOD◎◎

……………………………………………
ナシ、モモおよび柑橘類の
フルーティーで弾けるような豊かな芳香とフィネス、
口に含むとフレッシュな味わい。
「ヴィラ・シャヴァン」は「飲む喜び」に焦点を当て、
ワインを分かり易く表現しようと仕上げられたワインです。

生産者:ドメーヌ・ピエール・シャヴァン
生産地:フランス/ラングドック=ルーション
タイプ:白
品種:シャルドネ100%
土壌)粘土、石灰石、砂利を含む土壌
醸造)ステンレスタンク醗酵
ステンレスタンク熟成(80%)
オーク樽熟成(20%)
伝統的なワイン醸造。

温度を抑えるため夜に収穫されたブドウを低温発酵。
……………………………………













【モントレー サンタバーバラ カウンティ
リースリング 2017 シーグラス】


フルーティな甘味と ほどよい酸味、
この爽やかさ、好き!

飲みやすい◎
夏向きの白ワインですね。


……………………………………………
【商品情報】
コストパフォーマンス抜群のワインでファンを魅了するシーグラス。
チャーミングなラベルと親しみやすい果実味あふれるスタイルで、カリフォルニアで大人気を博している。
安くて美味しいカリフォルニアワインをお探しの方におすすめのワイナリー。
シリコンヴァレーから少し南に位置するモントレーは美しい海が広がるリゾート地として、
また冷涼な気候から生まれるエレガントなワイン産地として人気を集める。

ほんのりとした甘みとさわやかな酸味が心地よいリースリング。
美しいブルーボトルが食卓を華やかに彩る。

契約畑 / 発酵: ステンレスタンクにて
【品種】リースリング、ソーヴィニヨンブラン
【産地】アメリカ・カリフォルニア・サン フランシスコ ベイ・モントレー
【カテゴリ】モントレー サンタバーバラ カウンティ
【タイプ】白
【ワイナリー名】シーグラス

…………………………………………













【コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ 2017
メディチ エルメーテ】


色も味も想像以上に濃い!
濃縮カシスジュースみたい。

しっかり濃いんだけど
スッキリ口に残らない、ナチュラルな甘さ。
ほんのりな微発泡がまたイイ◎

イタリア、ランブルスコの歴史を変えた
No. 1のトップメーカーだそう。


デザートワイン的なのを想像していたので、
この飲みやすさは感動〜〜


…………………………………………
ランブルスコ史上初トレビッキエリを獲得!
単一畑の概念で造る特別なランブルスコ

【商品情報】
レッジョエミリア地区のランパータ農園の単一畑(粘土質土壌)で栽培されたブドウランブルスコ・サラミーノ種から造られるランブルスコ。
コルドンスペルナート仕立て。ランブルスコ史上初トレビッキエリを獲得した「コンチェルト」。
最上級キュヴェならではの凝縮感と、豊かな味わいがあります。
フレッシュブルーベリー、カシスなどの、ベリー系の新鮮果実溢れるアロマ。
優しい泡立ちと共に果実味と乳酸系のふくよかな風味が口に広がり、程よいタンニンとのバランスが良いです。

【ワイナリー名】メディチ エルメーテ
【品種】ランブルスコ・サラミーノ 100%
【産地】イタリア・エミリアロマーニャ
【カテゴリ】 レッジアーノ ランブルスコ
【味わい】辛口
【ボディ】ミディアムボディ
【タイプ】赤 微発泡

……………………………………




日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
秋に美味しい日本酒が
出回り始めましたね。









【蓬莱泉 純米吟醸 立春ひやおろし】
  愛知県北設楽郡設楽町 関谷醸造


落ち着いた旨味と
キリっとしたキレ味。

たぶん、、

ひやおろしより
しぼりたての方が好みだとおもう。



…………………………

立春の朝に搾ったお酒をその日に飲めてしまうという
毎年大変な人気を頂いております「立春朝搾り」。
搾りたてのお酒もフレッシュで美味しいですが、
そのお酒を半年熟成させることによって味を乗せたスペシャルバージョンがこの“立春ひやおろし”です。

しぼりたてのお酒も風味が豊かで美味しいですが、
お酒としての完成度としてはまだまだ、と言わざるを得ません。
元気は良いけれど、旨味も乗っていないし、全体としてはバラバラという印象は否めません。
そのお酒がひと夏を越えてじっくりと熟成しました。
華やかな香りはそのままで、
味にはまとまりが出てきています。

春に立春朝搾りをお買い上げ下さいました方もそうでない方も、
あのお酒が半年経つとどうなるか?
是非一度お試し下さい!

…………………………











【而今 純米吟醸 東條山田錦】
木屋正酒造合資会社 三重県

やわらかな旨さと甘さ、程よい酸。
やさしくて華やかなお酒◎

めっちゃ香りがいい! コクうまワインみたい。 美味しい〜〜 !!


……………………………………………

「過去に囚われず、未来に囚われず、ただ今を精一杯生きる」という
純粋かつ強い気持ちで醸しだされる、三重県名張の銘酒『而今』(じこん)。
兵庫県三木市東条産の特A地区 山田錦を大吟醸規格の50%精米。
数ある地域や農家さんによって作られる山田錦。
その中においても最高品質の契約栽培の山田錦で仕込みました。

東条地区は、兵庫山田錦の深い旨味・甘味がドンと来る。
THE兵庫山田錦!

この酒は、すでに飲み頃に入っている〜。
すでにその醍醐味が存分に楽しんでいただける。

兵庫特A地区の特性を発揮するような素晴らしい仕上がり、
而今はそれを見事に引き出しています。

原料米:兵庫県三木市東条町特A地区 山田錦
精米歩合 :50%
日本酒度:±0
酸度:1.6
アルコール分:16%

…………………………………………












【CUSTAMMADE たかちよ  HALLOWEEN  サラパンダVer(狼男) 純米大吟醸48 無濾過 生原酒 おりがらみ 】
新潟県南魚沼市 高千代酒造


かわいいハロウィンラベルの限定品。 とにかく甘い!

ん?砂糖水か?と いうくらい甘いんだけど、

ねっとりコッテリしてないので
なぜかスッキリ飲めちゃう。

好きなやつです◎
シメにキュっと飲みたいかんじ。


………………………………………

豊醇無盡(芳醇な味わいがいつまでも尽きない!)を冠する「たかちよ」。
より旬の凝ったラベルでその魅力を提供する!
それが特別醸造品「CustamMade(カスタムメイド)」。
今回はハロウィンラベルは狼男version(実はこの後に、和梨をイメージしたさかずきんversionが出ます)。
ラベルインパクト強い分、 このCustamMade(カスタムメイド)には
それに負けない高品質のものを詰めます!
と高千代酒造山田さん。

氷温貯蔵した飲み頃の深い甘味!
それも良いけど、

キュンとした酸味ですっきりまとめる 
そこが本当凄い!旨い。

若い日本酒ファンをトリコにする、
日本酒の門戸にひっぱってくる解りやすい酒だね!

原料米 非公表 
精米歩合48% 
アルコール度数 16度
他諸言 未公表

…………………………







ワインのお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
最近、日本酒にハマってますが
なんだかんだ
やっぱりワイン好き。








【アルプス ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン 】
長野県 株式会社アルプス


ぎゅっと濃い味、渋味もいいかんじで
でもなんだかみずみずしい。

これとても好き!

……………………………………………
信州松本平産ブラッククイーンを
フレンチオーク樽にて熟成させました。
濃紫色の深い色合い、凝縮された果実味、
そして適度な渋みが特徴のバランスの良い赤ワインです。

長野県原産地呼称管理委員会認定商品。
豚の角煮、ラムチョップなどの料理と合わせてどうぞ。

飲み頃温度:14~18℃
ブドウ品種:長野県松本平産ブラッククイーン100%
………………………………………














【リンカーン エステイト シラーズ】
オーストラリア

落ち着いたどっしり感、
酸もまろやか。

ごくごく飲めるフルボディ。
好きなやつ!


…………………………………………
スパイス香、ジューシーな黒ベリー、
プラム、シナモンの香り、ハーブ香などを併せた複雑なアロマと、
深く落ち着いた味わいがこのワインの特長です。
口に含んだ時のパワフルな押し味、それでいて驚くほど洗練された口当たりを存分にお愉しみ下さい。

タイプ 辛口 フルボディ
造り手 リンカーン エステイト ワインズ
品種 シラーズ100%
醸造 フレンチオーク樽で6ヶ月間

………………………………………












日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
というわけで、
クロカルで飲んだ
日本酒イロイロ。







【北島 蔵付乳酸菌添加酒母
 Motto GO GO】

滋賀県湖南市 北島酒造


しっかりめの旨・辛・酸、なのだけど
期待してたほどの 個性的な癖はなかったなー。

………………………………
特約店限定商品?生酛でもない、
山廃でもない、速醸でもない。
その名は酸基醴酛(さんきあまざけもと)。
明治の世に編み出されたが、 管理の難しさから幻となった酒母の製法。
米、水、麹を高温糖化し甘酒を造る。
生酛仕込みの酒母から取り出した乳酸菌を投入し、酒母による醗酵を促す。
・・という商品説明が難しすぎるので、
商品名をキャッチ―にしました(笑)。
酸基醴酛の玉栄55% 基(もと) と 、
酛(もと) で『 MOTTO GO GO 』です。

【蔵元コメント 】
当社が5年前から構想がありながらも、
これほど時間が掛かったのは市販の乳酸菌では無く、
自社の生酛から優良な乳酸菌を得たいと思い、その選択にかなりの時間が掛かったからです。
通常は市販されている乳酸菌を購入して添加しますが、
あえてクラシカルに自分の蔵の生酛から乳酸菌を取り出して酒母に投入にてという手法で醸したいと思いました。
自社の 生酛 からの乳酸菌、つまり蔵付の優良な乳酸菌です。
それを使用して・・・っという、手法で醸され完成した『蔵付乳酸菌添加酒母 純米吟醸 Motto GOGO』。
データだけでは感じ取る事の出来ない、
ヨーグルト的な甘酸っぱさや旨味。
甘酸っぱくて、ちょい辛い!!っという
不思議な美味しさを皆様是非お愉しみくださいませ。

原材料: 米・米麹
原料米: 滋賀県安土産 玉栄100%
精米歩合: 55%
日本酒度: +9.5
酸度: 2.6
酵母: 6号酵母
アルコール度: 19度

…………………………………………










【 あべ 純米吟醸 新潟G9酵母 】
新潟県 阿部酒造

フルーティ系の香だけど、
味わいはキリっと辛口、淡麗なイメージ。
わたし的にはあまり印象に残らないかんじだけど、
この「あべ」ラベルは印象的!


……………………………………
日本酒「あべ」ラインナップの主軸、
五百万石を100%使用した純米吟醸の生原酒、「緑ラベル」。
今回の「緑ラベル」に用いられている「新潟G9酵母」は、
新潟県内限定で使用される、
新潟県の造り手である阿部酒造ならではの酵母です。

アルコール発酵の際に活躍する「酵母」は
香味を左右する大きなファクターのひとつ。
こちらの酵母には
新鮮な果実を想わせる華やかな香りが生み出され、
酸を多く生成しないという特徴があります。

【使用米】新潟県柏崎産五百万石 55%精米
【アルコール度数】17度
【使用酵母】新潟G9酵母
【日本酒度】−
【酸度】−
【おすすめの召し上がり方】冷やして

…………………………











【鍋島 Harvest Moon(ハーベストムーン) classic ひやおろし】
富久千代酒造 佐賀県


フレッシュでジューシー、
だけど思ったより
スッキリしていてキレもある。

普段の「鍋島」を呑んでみたい、
と思わせる逸品◎

たぶん、開けてからちょっと日が経っていたかな〜
ガス感はなかった。。


……………………………………………
天才のオトコと呼ぶ酒屋がいれば、
天然のオトコと呼ぶ酒屋もいる。
酒造りに関しては、前者であるが人間的には後者である。

センスとひらめきで造られる酒はスペックのコトなど全く必要としない。
ハーベストムーン(中秋の満月)と名づけられたひやおろし。
キレの良さ、舌をチリチリと刺激するガス感も顕在で
クラシックでありながら、モダン。
非常に鍋島らしい味に仕上がっている。

旨い酒に理由はいらない。
右脳で造られた酒は、右脳で飲むべし。

特定名称:純米
原料米:国産米(70%)
アルコール度数:15%
酒蔵名:富久千代酒造(佐賀県)
……………………………………









【義侠 純米原酒 60%】
愛知県愛西市 山忠本家酒造

男前な酒蔵の、どっしり旨コク味。
優しい酸とキレも効いていて、味わいも男前!
ここに、豊潤・甘味をプラスしたら
わたし好みな「長珍」ぽい雰囲気になりそう。

この日飲んだ中では
いちばんタイプだった気がする。

……………………………………………
香りは、控えめながらも葡萄を思わせる果実香を感じます。

呑んでみると、口当たりは柔らかく、
しっかりとした旨味と共に柔らかい甘味や酸味、ほのかな苦味を感じます。
又、酸もしっかりと効いており、
後味はとてもスッキリしています。

・原料米:兵庫県特A地区東条町産 特別栽培米 山田錦100%
・精米歩合:60%
・アルコール分:16度以上17度未満

山田錦を使うすべての銘柄は
採算度外視で《東条産特A地区山田錦》という最高級米を惜しみ無く使っているのだとか。
この地域はいわば日本酒版ヴォーヌ・ロマネであり、
日本酒における最高のテロワールと言われています。

……………………………………………




試飲させてもらった中には
限りなく水に近いよな淡麗酒、
限りなくワインに近いよなワイン酵母の日本酒など
イロイロあって、

改めて
酒の面白さを知りました◎





日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
先日の
大阪立ち呑み巡りにて

愉しんだ美味しいお酒たち。







【開春 寛文の雫 木桶熟成 】
島根県 若林酒造


二年熟成の日本酒。
日本酒というより味醂!

樽香もしっかりで、熟成タイプのシェリー酒か紹興酒みたいな。
けど
それほどクセもなく、ほどよく甘いので すいーっと飲める◎

これ、好き〜〜
いいお酒です。

……………………………………………

江戸時代の文献(1712年:和漢三才図絵)を
参考に当時の日本酒を忠実に再現。

《蔵元コメント》
島根県の酒師・堀江修二先生の指導を受け、
江戸時代の文献(1712年:和漢三才図絵)を参考にして、
当時の日本酒を忠実に再現いたしました。
現代の日本酒では味わえない、個性豊かな香りと
深い味わいをお楽しみ下さい。


・使用米山田錦(仁摩町産) 90%精米
・使用酵母酵母無添加
・アルコール分14度
・日本酒度-120
・酸度/アミノ酸度4.7/6.0
…………………………………………



酒度−120!

このスペックがすごいΣ( ̄。 ̄ノ)ノ










【獺祭 純米大吟醸50】
山口県 旭酒造


誰もが美味しくいただけそうな
なんというか
シンプルでやさしい純米大吟醸酒。

あたしにはやや物足りない感だけど
二軒目に呑むには、
なんかちょうど良かった◎


………………………………
最高の酒米といわれる山田錦を
50%まで磨いて醸した純米大吟醸。

きれいで新鮮な味と柔らかで繊細な香りが
絶妙なバランスを保っています。

何より、酒のある楽しい生活を提案する酒蔵であり続けたいと考えています。
生活の、一つの道具として楽しんで頂ける酒を目指して、
「獺祭」(だっさい)を醸しております。

県名: 山口県
アルコール度数: 16%
味わい:中辛口
原材料・成分:米(国産)・米こうじ(国産米)
最高の酒米といわれる山田錦を
50%まで磨いて醸した純米大吟醸

………………………………










【栄光冨士 純米吟醸 朝顔ラベル 限定品】
山形県 富士酒造

フルーティで甘みもあるんだけど
すっきりサッパリ飲みやすいお酒。

……………………………………
協会10号酵母にこだわる栄光冨士。
その10号酵母の良さを上手に引き出した純米吟醸がこの生酒になります。

香りがおだやかながらバランスが取れており、
淡麗で上品な味わいは栄光冨士のお酒の共通項です。

やわらかくフルーティで
飲みやすさの中にフレッシュ感も備わったお薦め純米吟醸。

・IWC SAKE 純米吟醸
・純米大吟醸酒の部
2015 BRONZEメダル受賞

原料米 山田錦・美山錦
精米歩合50%
酵母協会10号系酵母
日本酒度±0
酸度1.4
アルコール15〜16%
…………………………………………











【山廃純米原酒 瓶熟成1年酒】
兵庫県 香住鶴株式会社

どっしり旨い!
ちびちび味わいたいかんじ。


……………………………………
冬に搾った新酒を瓶詰・火入れし、
蔵内で1年以上の長期間冷温貯蔵しました。

穏やかに熟成した旨味、山廃仕込特有のコクとキレを感じるお酒です。

冷や・冷酒・オンザロックがおすすめです。

アルコール度数 18度
日本酒度 +4
原材料:米(兵庫北錦)・米こうじ(日本産米)
精米度合:63%
………………………………………









★おまけ



【パンペロ アニバサリオ
(ベネズエラ産ラム) 】


こちらは、
メニューの無いBARで。

濃いお酒が飲みたくて、
「ウィスキーかラムを」といったら
「僕の気分で出していいですか」
と言ってコレが出てきた。

いま飲みたい味でした!
ありがとう〜〜


……………………………………
”大草原を渡る風”という名の
プレミアムラム。
ベネズエラの最高品質のサトウキビ、オーク樽での熟成、
ユニークなブレンディングによって生まれた独特の深い色合いと、
芳醇でなめらかな味わいです。

■2種類のアメリカンオーク樽を使用し、
長期熟成を経て完成されるパワフルなラム

■ドライフルーツ、シナモン、チョコレート、レザーの香りが融けあいウッディで複雑な味わい。

………………………………






そのあと
キャプテンモルガンも出てきたのだけど

これは
ラムというよりリキュールみたいなかんじだった。







日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん

日本酒のお勉強








【長珍 「しんぶんし50 八反錦」
純米吟醸 無ろ過生原酒 H28BY 】
愛知県 長珍酒造



どっしりフルボディながら、
甘たるくなくて爽やか◎

美味い!


………………………………………
広島県産八反錦を全量使用し、
50%精米。
無濾過生原酒をサーマルタンクにて貯蔵。
開封直後はガス感がありますが、
八反錦の上品かつ柔らかでボリューミーな旨味が楽しめます。

特定名称 純米吟醸
使用米 広島県産八反錦100%
精米歩合 50%
使用酵母 9号系酵母
状態 生酒
アルコール度数 18度
日本酒度 --
酸度 1.7

……………………………………














【Takachiyo59 AI-IPPON(愛山×一本〆)
無調整生原酒 純米吟醸 】

新潟県 高千代酒造


「高千代」、「たかちよ」、「Takachiyo」とありますが、
横文字「Takachiyo」コンセプトは
「米違い」・「同一酵母(協会18号同一精米方法(扁平精米 精米歩合59%)」・「オリンピックを意識し、外国人にも解りやすい表記」・「無調整生酒」、
だそうです。

いまだかつてない、
「愛山」と「1本〆」の酒米ブレンド!
フルーティジューシーな「たかちよ」に
お米の旨味と豊潤さが加わったかんじ?

けっこう甘いけど、
美味しいのでゴクゴクいけるー◎

とても好き!

…………………………………………
アルファベット「Takachiyo」のテーマは、
米の品種違い。

精米歩合は59%に統一して
米違いでの展開。

第10章は「AI-IPPON」。
アイイッポン!

高千代を代表とする米、一本〆と
奥深さと繊細さを合わせもつ愛山が合体。

愛山らしいデリケートな甘味に、
ゆったりと優雅で優しい味わいが広がり、
喉の奥に一本筋が通った、
芯のある酸味とアタックがきて
シャープな甘味と苦味で〆る。
そんな風景。

旨い!

…………………………………












【たかちよSPARK 紫ラベル
うすにごり活性無調整生原酒】
新潟県 高千代酒造


フルーツをイメージした、
平仮名「たかちよ」の「紫」ラベル。

紫。
はい、つまり「ブドウ」。

うすにごり、シュワシュワ系の、
オトナの葡萄ジュース!

加えて「紫」は、うすにごり活性タイプ。

フレッシュフルーティで、
とても美味しい〜〜◎


………………………………………
「高千代」「たかちよ「Takachiyo」、
全部同じ造り手、新潟県 高千代酒造。

平仮名「たかちよ」には
純米、純米吟醸、純米大吟醸という表記がない(一部有)。
「ない」ではなく、「しない」のである。

使用米表記もない。
精米歩合表記もない。
日本酒度/酸度表記もない。
すべて「ない」ではなく、「しない」が正解。
「ラベルで飲まずに、ココロで飲め」
つまり、
ブルースリー的な日本酒ってこと!

Don’t think, Feel it!
スペックの提供を極力抑え、
純粋に味を感じる!
それが「たかちよ」。

………………………………………


ラベルの色をみて、
フルーツを連想させる演出もニクいです◎






日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん
日本酒のお勉強。










【一本義 辛爽系(からさわけい)
純米吟醸】

福井県 一本義久保本店



上品で 爽やかフルーティ。
キレ味もよく、グイグイいける◎

美味い!!


…………………………………………

奥越前でのみ栽培されている
希少な酒米「越の雫」を全量使用。
新緑の森を想像させるような清々しい香り、透明感あふれる爽やかな口中感、
そして硬質な辛口のキレがあと口を引き締めます。

■インターナショナルワインチャレンジ「SAKE部門」銅賞1回
■スローフードジャパン燗酒コンテスト
金賞1回
■純米吟醸酒
■アルコール度数 16%
■原料米 越の雫
■精米歩合 58%

…………………………














【白老 shusendo7 純米吟醸 生酒】
愛知県常滑市 澤田酒造


ロックなモグラのラベルがキュート◎
たしかに、 レモンのようなスッキリした香りと味わい、爽やかな旨味と甘味!
こういう酸味は好き。

美味しい!


…………………………………………
以下、酒泉洞より。



白老から酒泉洞堀一オリジナル酒が 誕生です。
「白老 shusendo7」すっきり旨味すっきり吟醸 
ほのかにレモンのような香り。

ラベルには自然の中で生まれる旨い原料米、
そこに蔵元さんの澤田英敏さんをイメージする黒Tシャツでギターのモグラを添えました。
(英敏さんは名古屋有数のロック・マニアで、プライベートではいつもロックな黒T)。
このオリジナル酒の仕込みにはかなり熱意を込めてやっていただたようで、
白老の中では今まで有数にアミノ酸の少ない素晴らしい仕上がりになりました。

お料理の相性は出汁、
そして油があまりないような焼き魚(そこにレモンを垂らしたら最高のように思う) 
出汁をベースにした”あんかけ”、
それを豆腐にかけたようなものとか。
……………………
















【東光 純米大吟醸 雪女神】
山形県 小嶋総本店


うーむ、上質なお酒!てかんじ。
滑らかで旨味も甘味も優しくて
なんだか品があります。

美味しい◎


………………………………………


大吟醸のためだけに生まれた 至高の酒造好適米。

吟醸王国・山形が大吟醸のためだけに生み出した酒造好適米、雪女神。
薫り高く、味わいは女性的で繊細。
シルクのようになめらかなで上質な質感とともに、雪解け水のような透明で心地よい余韻が続きます。

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018 金賞受賞

アルコール分 16度
日本酒度 -1
原料米 雪女神
精米歩合 35%

…………………………
無料ブログ作成サービス JUGEM