ひらめぐ商店「人間病院展」@なんであのときcafe

comments(0) - 日々のあれこれ 旅料理人 みかん

ひらめぐ商店の
「人間病院展」@なんであのときcafe

はじまりました。


(ひらめぐ商店
http://hiramegu.exblog.jp)

(なんであのときcafe
http://nandeanotoki.cafe)






「人間病院」とは、
Pod castという知る人ぞ知る
ラジオ風のインターネットラジオ?がありまして

その「なんであのとき放送局」の番組のひとつです。


(「なんであのとき放送局」
http://nandeanotoki.com)


正直、知らないひとには 「???」だとおもうし、

かくいうわたしも
マコちゃんに教わるまで、
「は?なにそれ??」
の世界でしたが


なんどか聞いてみると
なんとなくシステムがわかってきて
じわじわと面白くなってきます。


とくにわたしは
ラジオ内容より先にcafeという場所と
喋ってるひとに会ってしまったし、
そこにまつわるアレコレを先に知ってしまったので


あのとき言ってたのはこのことかー
という楽しさがあったりして。



いやいやほんと
世の中にはいろんなひとが居て
いろんなことをしているんだなと
つくづく思います。










そしてそして

約4年間にわたって紹介されてきた
「人間病院」の病気たちを

なんであのとき放送局ファンの
ひらめぐちゃんが、
イラストにして展示をするという今回の企画。




4年分をこの約一カ月で書ききるという
ひらめぐちゃんのパワーに圧倒。


描くのはもちろん、
このイラストの台紙や
タイトルの文字や
紙を切り取って貼る作業とか、


想像すると
もうこれこそ
病気にちがいない、、、笑








というわけで、

わたしは
前日に貼り付けのお手伝いに行ってきたのでした。


階段の壁がギリギリで埋まった
223枚の病気たち。



ひらめぐちゃん愛用の
「ひっつき虫」を
イラストに丸めてくっつける、
という

この作業だけでも一苦労。

うひーーー





記念すべき1枚目、
第一回目の病気イラストを貼るの図。




階段途中の壁にて

スパイダーマン風トクマス氏。



223枚の病気イラストと
朝昼夜の大きなイラスト、

この他に
モビールもありました。








西村農園さんの豆本や絵日記もそうですが、


相手に喜んでもらうために
自分にできること、

そこに絶対の自信をもって
自分の時間と労力を費やせる

ひらめぐ商店のエネルギー。




イラストも
なんであのとき放送局も
すごく魅力的だけれど


あたしは
ひらめぐちゃんのそういうエネルギーに
いちばん魅力をかんじます。




そして改めて、

思いがけぬいただいたご縁の先の先には
何があるのか解らないもんだなー、と

思いがけぬ繋がったご縁の
元の元を辿り返すと
思いがけないものだったりするなー、と
イロイロ考える今日コノゴロです。






期間中、
人間病院の公開録音や
ジョーデンさんによる病気診察も
行なわれるそうですよー◎





スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM