日本酒のお勉強

comments(0) - 旅料理人 みかん

日本酒のお勉強








【長珍 「しんぶんし50 八反錦」
純米吟醸 無ろ過生原酒 H28BY 】
愛知県 長珍酒造



どっしりフルボディながら、
甘たるくなくて爽やか◎

美味い!


………………………………………
広島県産八反錦を全量使用し、
50%精米。
無濾過生原酒をサーマルタンクにて貯蔵。
開封直後はガス感がありますが、
八反錦の上品かつ柔らかでボリューミーな旨味が楽しめます。

特定名称 純米吟醸
使用米 広島県産八反錦100%
精米歩合 50%
使用酵母 9号系酵母
状態 生酒
アルコール度数 18度
日本酒度 --
酸度 1.7

……………………………………














【Takachiyo59 AI-IPPON(愛山×一本〆)
無調整生原酒 純米吟醸 】

新潟県 高千代酒造


「高千代」、「たかちよ」、「Takachiyo」とありますが、
横文字「Takachiyo」コンセプトは
「米違い」・「同一酵母(協会18号同一精米方法(扁平精米 精米歩合59%)」・「オリンピックを意識し、外国人にも解りやすい表記」・「無調整生酒」、
だそうです。

いまだかつてない、
「愛山」と「1本〆」の酒米ブレンド!
フルーティジューシーな「たかちよ」に
お米の旨味と豊潤さが加わったかんじ?

けっこう甘いけど、
美味しいのでゴクゴクいけるー◎

とても好き!

…………………………………………
アルファベット「Takachiyo」のテーマは、
米の品種違い。

精米歩合は59%に統一して
米違いでの展開。

第10章は「AI-IPPON」。
アイイッポン!

高千代を代表とする米、一本〆と
奥深さと繊細さを合わせもつ愛山が合体。

愛山らしいデリケートな甘味に、
ゆったりと優雅で優しい味わいが広がり、
喉の奥に一本筋が通った、
芯のある酸味とアタックがきて
シャープな甘味と苦味で〆る。
そんな風景。

旨い!

…………………………………












【たかちよSPARK 紫ラベル
うすにごり活性無調整生原酒】
新潟県 高千代酒造


フルーツをイメージした、
平仮名「たかちよ」の「紫」ラベル。

紫。
はい、つまり「ブドウ」。

うすにごり、シュワシュワ系の、
オトナの葡萄ジュース!

加えて「紫」は、うすにごり活性タイプ。

フレッシュフルーティで、
とても美味しい〜〜◎


………………………………………
「高千代」「たかちよ「Takachiyo」、
全部同じ造り手、新潟県 高千代酒造。

平仮名「たかちよ」には
純米、純米吟醸、純米大吟醸という表記がない(一部有)。
「ない」ではなく、「しない」のである。

使用米表記もない。
精米歩合表記もない。
日本酒度/酸度表記もない。
すべて「ない」ではなく、「しない」が正解。
「ラベルで飲まずに、ココロで飲め」
つまり、
ブルースリー的な日本酒ってこと!

Don’t think, Feel it!
スペックの提供を極力抑え、
純粋に味を感じる!
それが「たかちよ」。

………………………………………


ラベルの色をみて、
フルーツを連想させる演出もニクいです◎






スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM