スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本酒のお勉強。

comments(0) - 旅料理人 みかん
日本酒のお勉強。











【津島屋外伝 四十三才の春
純米大吟醸無濾過生原酒】
(岐阜県 御代櫻醸造)


万人に受け入れられそうな逸品だと思う!
とても美味しい〜◎

日本酒らしい旨味と甘味、
スッキリしていて程よい酸。

バランスの整った素晴らしいお酒です。

………………………………………………
「津島屋外伝 四十三才の春」は
酒向杜氏が知識と技術を結集し
その年の自分自身を酒に表現する事を 最大のコンセプトとして造られた超限定酒。

岐阜県内で農薬を殆ど使わない農法による、 契約栽培で誕生した山田錦を原料にして造られ、
ラベルも酒向杜氏の近況や お酒のイメージに合わせて
書き上げた特別仕様です。

上品で華やかな香り
口に含むと綺麗な甘味と
心地の良い酸が広がる
エレガントな味わいをお楽しみになれます。

…………………………………………
















【にいだしぜんしゅ 純米吟醸 直汲み無濾過生原酒 めろん3.33】
(福島県 仁井田本家)


まさしくメロンのような フレッシュでフルーティな香りと、
ジューシーで爽やかな甘旨味◎


美味しいー!

………………………………………………

〜仁井田本家〜
仁井田本家は1967年に自然米(有機無農薬米)による金寶自然酒を醸造し始め、40年以上のキャリアを持つ自然酒の先駆けと言われている蔵です。
2011年には「全てのお酒が自然米仕込みの純米酒」という、蔵の夢が叶いました。

〜めろん3.33〜
銘柄名の『めろん』は醸す際にイメージした果実の「メロン」から。
『3.33』という数字は三段仕込みの「3」と、蔵元独自の汲み出し四段製法の四段目の仕込みの掛米を通常の1/3(0.33)にした事からこの銘柄名になりました。

〜味わい〜
生もと仕込みの直汲みタイプ。
仕込み配合を変えた事により、メロンを想わせる芳醇な香りにバランス良いジューシーな甘味と酸味、直汲みらしいピチピチとしたガス感。
いつもの「しぜんしゅ」とは一味も二味も違う「めろん3.33」をお楽しみください。

………………………………………………
















【鷹長 菩提酛 純米生酒】
(奈良県 油長酒造)

「風の森」で有名な、
油長酒造の「鷹長」。

なんと日本酒度−29!!
日本酒というより、デザートワイン。
こってり甘くて、酸っぱい!
レモンシロップみたい◎

オンザロックで飲みたいかんじ。
かなり好きなタイプです。

……………………………………………

おだやかでやわらかい香りがします。
含むとやわらかな甘味を帯びた味わいが豊に広がります。ただ甘いだけではなく、しっかりした酸が全体を引き締めキレも良い。
べたっとした甘さではないのです。
特別な造り方をしたと言うと、飲みにくそうとか、なかり個性的とか思われるかもしれません。がそんなことはまったくありません。
なるほど日本酒度が、−29で酸度が3.2。
今どきこんな酒はちょっとないです。
でも頭で想像するよりぜひ体感してください。
飲めばはまりますよ。

原料米 奈良市菩提仙町産 キヌヒカリ
精米歩合 75%
日本酒度 −29
酸度 3.2
アルコール度 17度
酵母 正暦寺酵母

…………………………………………



スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM